get_template_part

(3.0.0以降)
get_template_part - 任意のテンプレートファイルを読み込む

説明

void get_template_part( string $slug [ , string $name = null ] )
任意のテンプレートファイルを読み込む(表示する)。

パラメータ

  • $slug
    任意のテンプレート名。
  • $name
    テーマ名など(省略時はnull)。

返り値

ありません。

注意

WordPress 3.0の標準テーマ「Twenty Ten」で使用されている新しいWordPressタグです。従来、各テンプレートで共通していたパートを読み込む場合に使用されます。 テンプレートファイルは、STYLESHEETPATH、TEMPLATEPATHの順に検索され、最初に見つかったファイルが読み込まれる。

使用例

  • テンプレートファイル'loop.php'を読み込む。
    <?php get_template_part( 'loop' ); ?>
  • テンプレートファイル'loop-search.php'または'loop.php'を読み込む。
    <?php get_template_part( 'loop', 'search' ); ?>

関連

  • locate_template - テンプレートファイルが存在するか確認する

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

最終更新日時 : 2010-06-07 12:25