get_template_part

(3.0.0以降)
get_template_part - 任意のテンプレートファイルを読み込む

説明

void get_template_part( string $slug [ , string $name = null ] )
任意のテンプレートファイルを読み込む(表示する)。

パラメータ

  • $slug
    任意のテンプレート名。
  • $name
    テーマ名など(省略時はnull)。

返り値

ありません。

注意

WordPress 3.0の標準テーマ「Twenty Ten」で使用されている新しいWordPressタグです。従来、各テンプレートで共通していたパートを読み込む場合に使用されます。 テンプレートファイルは、STYLESHEETPATH、TEMPLATEPATHの順に検索され、最初に見つかったファイルが読み込まれる。

使用例

  • テンプレートファイル'loop.php'を読み込む。
    <?php get_template_part( 'loop' ); ?>
  • テンプレートファイル'loop-search.php'または'loop.php'を読み込む。
    <?php get_template_part( 'loop', 'search' ); ?>

関連

  • locate_template - テンプレートファイルが存在するか確認する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2010-06-07 12:25