get_term

説明

mixed get_term( mixed $term [ , string $taxonomy = '' [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] ] )
IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する。

パラメータ

  • $term
    ID(term_id)またはカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名として'category'、'post_tag'、'link_category'などを指定([4.4.0]省略時は'')。
  • $output
    出力型を示すOBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルター名(省略時は'raw')。

返り値

カテゴリー・タグが見つかった場合はそのカテゴリー・タグ情報をパラメータ$outputで指定された型で返す。カテゴリー・タグが見つからなかった場合はnullを返す。また、パラメータ$termが空の場合、$taxonomyが無効なタクソノミー名の場合は WP_Errorのオブジェクトを返す。 $outputがOBJECTの場合(デフォルト)、メンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数

注意

返り値はWP_Errorのオブジェクトの場合あるので、返り値がオブジェクトであっても is_wp_error関数で確認するのが望ましい。 またパラメータ$termにカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定した場合、フィルター処理を行った後、$outputで指定した型に変換したデータを返す。

[4.4.0]パラメータ$taxonomyは省略可能になった。


使用例

  • IDが10のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $cat = get_term( 10, 'category' ); ?>

フィルター

[2.3.0]ターム情報を取得した直前に'get_term'フィルターを呼び出す。パラメータ$_termには取得したターム情報が、$taxonomyには本関数が受け取った値が格納されている。
$_term = apply_filters( 'get_term', $_term, $taxonomy );
[2.3.0]'get_term'フィルターの直前に"get_$taxonomy"フィルターを呼び出す($taxonomyはタクソノミー名)。パラメータ$_termには取得したターム情報が、$taxonomyには本関数が受け取った値が格納されている。
$_term = apply_filters( "get_$taxonomy", $_term, $taxonomy );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

最終更新 : 2019年03月15日 10:22



お勧め

段落ブロックをちょっとだけカスタマイズした(2021年12月15日 更新)

ブロックエディターを使っていくと、段落ブロックの文字修飾機能が物足りない。そこで今回は標準の段落ブロックを機能拡張し、選択したテキスト範囲をマーカーで線を引くイメージの機能を実装してみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2018年5月27日 更新)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

新規投稿時の本文プレースホルダーテキストを変える(2021年9月9日 更新)

ブロックエディターに影響を与えるフィルターは多数存在する。今回紹介するフィルターはその1つで、新規投稿時の本文ブロックのプレースホルダーテキストを変更するものだ。

oEmbed対応サイトを整理した(2020年4月6日 更新)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

5.5の機能強化:set_404メソッドの新アクション(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」が公開され、今日・明日には正式版がリリースされる。そんなWordPress 5.5 RC 2のソースコードを眺めていると、WP_Queryクラスのset_404メソッドにアクションが追加されていた。