get_term

(2.3.0以降)
get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する

説明

mixed get_term( mixed $term [ , string $taxonomy = '' [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] ] )
IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する。

パラメータ

  • $term
    ID(term_id)またはカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名として'category'、'post_tag'、'link_category'などを指定([4.4.0]省略時は'')。
  • $output
    出力型を示すOBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルター名(省略時は'raw')。

返り値

カテゴリー・タグが見つかった場合はそのカテゴリー・タグ情報をパラメータ$outputで指定された型で返す。カテゴリー・タグが見つからなかった場合はnullを返す。また、パラメータ$termが空の場合、$taxonomyが無効なタクソノミー名の場合はWP_Errorのオブジェクトを返す。 $outputがOBJECTの場合(デフォルト)、メンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数

注意

返り値はWP_Errorのオブジェクトの場合あるので、返り値がオブジェクトであってもis_wp_error関数で確認するのが望ましい。 またパラメータ$termにカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定した場合、フィルター処理を行った後、$outputで指定した型に変換したデータを返す。

[4.4.0]パラメータ$taxonomyは省略可能になった。

使用例

  • IDが10のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $cat = get_term( 10, 'category' ); ?>

フィルター

[2.3.0]ターム情報を取得した直前に'get_term'フィルターを呼び出す。パラメータ$_termには取得したターム情報が、$taxonomyには本関数が受け取った値が格納されている。
$_term = apply_filters( 'get_term', $_term, $taxonomy );
[2.3.0]'get_term'フィルターの直前に"get_$taxonomy"フィルターを呼び出す($taxonomyはタクソノミー名)。パラメータ$_termには取得したターム情報が、$taxonomyには本関数が受け取った値が格納されている。
$_term = apply_filters( "get_$taxonomy", $_term, $taxonomy );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

最終更新日時 : 2016-05-22 22:45