get_term_by

(2.3.0以降)
get_term_by - カテゴリー・タグ情報を取得する

説明

mixed get_term_by( string $field , mixed $value , string $taxonomy [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
ID、名前、スラッグを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する。

パラメータ

  • $field
    検索する値のフィールド名を示す'slug'、'name'など。なお、'slug'または'name'以外はIDとして解釈される。
  • $value
    検索する値。
  • $taxonomy
    タクソノミー名を示す'category'、'post_tag'、'link_category'の何れか。
  • $output
    出力型を示すOBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルター名(省略時は'raw')。

返り値

カテゴリー・タグが見つかった場合はそのカテゴリー・タグ情報をパラメータ$outputで指定された型で返す。カテゴリー・タグが見つからなかった場合はfalseを返す。 $outputがOBJECTの場合(デフォルト)、メンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数

注意

パラメータ$outputの値は、決められた定数(OBJECT、ARRAY_A、ARRAY_N)以外は無効となる。

使用例

  • スラッグが'blog'のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $cat = get_term_by( 'slug' , 'blog' , 'category' ); ?>

関連

  • get_category_by_slug - カテゴリー情報を取得する
  • get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する
  • get_terms - タクソノミー情報を取得する

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

最終更新日時 : 2011-02-24 14:22