get_term_children

(2.3.0以降)
get_term_children - 子孫タクソノミーIDを取得する

説明

mixed get_term_children( int $term_id, string $taxonomy )
子孫タクソノミーIDを取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タクソノミーIDを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名'category'を指定。

返り値

子孫タクソノミーのIDが格納された配列を返す。子タクソノミーがない場合は空の配列を返し、パラメータ$taxonomyで指定された名前が無効な場合はエラー内容を示すWP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

現在(3.1.3)、標準で親子関係があるタクソノミー情報はカテゴリーのみであり、パラメータ$taxonomyに指定できるのは実質的に'category'のみ。

使用例

  • カテゴリーIDが3の子孫カテゴリーIDを取得する。
    <?php $categories = get_term_children( 3, 'category' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2011-06-20 13:40