get_term_children

(2.3.0以降)
get_term_children - 子孫タクソノミーIDを取得する

説明

mixed get_term_children( int $term_id, string $taxonomy )
子孫タクソノミーIDを取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タクソノミーIDを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名'category'を指定。

返り値

子孫タクソノミーのIDが格納された配列を返す。子タクソノミーがない場合は空の配列を返し、パラメータ$taxonomyで指定された名前が無効な場合はエラー内容を示すWP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

現在(3.1.3)、標準で親子関係があるタクソノミー情報はカテゴリーのみであり、パラメータ$taxonomyに指定できるのは実質的に'category'のみ。

使用例

  • カテゴリーIDが3の子孫カテゴリーIDを取得する。
    <?php $categories = get_term_children( 3, 'category' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

最終更新日時 : 2011-06-20 13:40