get_term_children

(2.3.0以降)
get_term_children - 子孫タクソノミーIDを取得する

説明

mixed get_term_children( int $term_id, string $taxonomy )
子孫タクソノミーIDを取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タクソノミーIDを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名'category'を指定。

返り値

子孫タクソノミーのIDが格納された配列を返す。子タクソノミーがない場合は空の配列を返し、パラメータ$taxonomyで指定された名前が無効な場合はエラー内容を示すWP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

現在(3.1.3)、標準で親子関係があるタクソノミー情報はカテゴリーのみであり、パラメータ$taxonomyに指定できるのは実質的に'category'のみ。

使用例

  • カテゴリーIDが3の子孫カテゴリーIDを取得する。
    <?php $categories = get_term_children( 3, 'category' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2011-06-20 13:40