get_term_feed_link

(3.0以降)
get_term_feed_link - タームフィードのURLを取得する

説明

string get_term_feed_link( int $term_id [ , string $taxonomy = 'category' [ , string $feed = '' ] ] )
カテゴリーや投稿タグなどのタームフィードのURLを取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名を指定(省略時は'category')。
  • $feed
    フィードタイプを指定(省略時は'')。

返り値

タームフィードのURLを返す。

注意

パラメータ$feedが省略された場合は、デフォルトのフィードタイプ(get_default_feed関数で取得)が適用される。

使用例

  • IDが10のカテゴリーフィードURLを取得する。
    <?php $rss = get_term_feed_link( 10 ); ?>
  • IDが20の投稿タグフィードURLを取得する。
    <?php $rss = get_term_feed_link( 20, 'post_tag' ); ?>

フィルター

$taxonomyが'category'か'post_tag'の場合はcategory_feed_linkフィルターが呼び出される。
$link = apply_filters( 'category_feed_link', $link, $feed );
$taxonomyが'category'や'post_tag'以外の場合はtaxonomy_feed_linkフィルターが呼び出される。
$link = apply_filters( 'taxonomy_feed_link', $link, $feed );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

最終更新日時 : 2012-02-23 14:24