get_term_feed_link

(3.0以降)
get_term_feed_link - タームフィードのURLを取得する

説明

string get_term_feed_link( int $term_id [ , string $taxonomy = 'category' [ , string $feed = '' ] ] )
カテゴリーや投稿タグなどのタームフィードのURLを取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名を指定(省略時は'category')。
  • $feed
    フィードタイプを指定(省略時は'')。

返り値

タームフィードのURLを返す。

注意

パラメータ$feedが省略された場合は、デフォルトのフィードタイプ(get_default_feed関数で取得)が適用される。

使用例

  • IDが10のカテゴリーフィードURLを取得する。
    <?php $rss = get_term_feed_link( 10 ); ?>
  • IDが20の投稿タグフィードURLを取得する。
    <?php $rss = get_term_feed_link( 20, 'post_tag' ); ?>

フィルター

$taxonomyが'category'か'post_tag'の場合はcategory_feed_linkフィルターが呼び出される。
$link = apply_filters( 'category_feed_link', $link, $feed );
$taxonomyが'category'や'post_tag'以外の場合はtaxonomy_feed_linkフィルターが呼び出される。
$link = apply_filters( 'taxonomy_feed_link', $link, $feed );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

最終更新日時 : 2012-02-23 14:24