get_term_link

(2.5.0以降)
get_term_link - タームのリンク文字列を取得する

説明

string get_term_link( mixed $term [ , string $taxonomy = '' ] )
カテゴリーや投稿タグなどのタームのリンク文字列を取得する。

パラメータ

  • $term
    タームのIDかオブジェクトを指定。
  • $taxonomy
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定(省略時は'')。

返り値

タームのリンク文字列を返す。パラメータ$termが無効な値の場合は、エラー内容を示すWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

カテゴリーの場合のリンク文字列の書式は次の通り(1の部分にはそのカテゴリーのIDが入る)。
http://ドメイン名/?cat=1
投稿タグの場合のリンク文字列の書式は次の通り(slugの部分にはその投稿タグのスラッグが入る)。
http://ドメイン名/?tag=slug

[2.5.0]'term_link'フィルターが追加され、'tag_link'および'category_link'フィルターは非推奨となった。

使用例

  • カテゴリーIDが1のリンク文字列を取得する。
    <?php $link = get_term_link( 1, 'category' ); ?>
  • 投稿タグIDが11のリンク文字列を取得する。
    <?php $link = get_term_link( 11, 'post_tag' ); ?>

フィルター

[4.9.0]パーマリンクを作成する前に'pre_term_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$termlinkにはパーマリンクのパターン(例:標準のカテゴリーの場合は'/category/%category%')が、$termにはターム情報のオブジェクトが格納されている。
$termlink = apply_filters( 'pre_term_link', $termlink, $term );
[2.5.0]パーマリンクを返す前に'term_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$termlinkにはパーマリンクが、$termにはターム情報のオブジェクトが、$taxonomyにはタームのタクソノミー名(例:'category')が格納されている。
return apply_filters( 'term_link', $termlink, $term, $taxonomy );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

  • get_category_link - カテゴリーのリンク文字列を取得する
  • get_tag_link - 投稿タグのリンク文字列を取得する
  • get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2017-12-01 15:24