get_term_link

(2.5.0以降)
get_term_link - タクソノミーのリンク文字列を取得する

説明

string get_term_link( mixed $term [ , string $taxonomy = '' ] )
カテゴリーや投稿タグなどのタクソノミーのリンク文字列を取得する。

パラメータ

  • $term
    タクソノミーのIDかオブジェクトを指定。
  • $taxonomy
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定(省略時は'')。

返り値

タクソノミーのリンク文字列を返す。パラメータ$termが無効な値の場合は、エラー内容を示すWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

カテゴリーの場合のリンク文字列の書式は次の通り(1の部分にはそのカテゴリーのIDが入る)。
http://ドメイン名/?cat=1
投稿タグの場合のリンク文字列の書式は次の通り(slugの部分にはその投稿タグのスラッグが入る)。
http://ドメイン名/?tag=slug

使用例

  • カテゴリーIDが1のリンク文字列を取得する。
    <?php $link = get_term_link( 1, 'category' ); ?>
  • 投稿タグIDが11のリンク文字列を取得する。
    <?php $link = get_term_link( 11, 'post_tag' ); ?>

関連

  • get_category_link - カテゴリーのリンク文字列を取得する
  • get_tag_link - 投稿タグのリンク文字列を取得する
  • get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2011-05-27 12:22