get_term_meta

(4.4.0以降)
get_term_meta - タームのメタ情報を取得する

説明

mixed get_term_meta( int $term_id [ , string $key = '' [ , bool $single = false ] ] )
タームのメタ情報を取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $key
    メタ情報のキー名を指定(省略時は'')。
  • $single
    単一のメタ情報を取得する場合はtrueを、同キー名のすべての値を取得する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$singleがtrueの場合はメタ情報のキー名の値を返す。$singleがfalseの場合は同キー名のすべての値を配列で返す。

注意

WordPressのDBバージョン番号が34370(WordPress 4.4.0は35700)より小さい場合は必ずfalseとなる。

使用例

  • タームのメタ情報をすべて取得する。
    <?php $values = get_term_meta( $term_id, 'image' ); ?>
  • タームのメタ情報を1つだけ取得する。
    <?php $value = get_term_meta( $term_id, 'image', true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

最終更新日時 : 2017-11-29 10:34