get_term_meta

(4.4.0以降)
get_term_meta - タームのメタ情報を取得する

説明

mixed get_term_meta( int $term_id [ , string $key = '' [ , bool $single = false ] ] )
タームのメタ情報を取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $key
    メタ情報のキー名を指定(省略時は'')。
  • $single
    単一のメタ情報を取得する場合はtrueを、同キー名のすべての値を取得する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$singleがtrueの場合はメタ情報のキー名の値を返す。$singleがfalseの場合は同キー名のすべての値を配列で返す。

注意

WordPressのDBバージョン番号が34370(WordPress 4.4.0は35700)より小さい場合は必ずfalseとなる。

使用例

  • タームのメタ情報をすべて取得する。
    <?php $values = get_term_meta( $term_id, 'image' ); ?>
  • タームのメタ情報を1つだけ取得する。
    <?php $value = get_term_meta( $term_id, 'image', true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

最終更新日時 : 2016-02-23 15:48