get_terms

説明

array get_terms( mixed $args = array(), mixed $deprecated = '' mixed $taxonomies, [ mixed $args = '' ] )
条件を指定してタクソノミー情報を検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

パラメータ

バージョン4.5.0以降のパラメータは次の通り。

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    taxonomyタクソノミーを示すcategory、post_tagなど
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はASC)
    hide_empty投稿記事がないタクソノミーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないタクソノミーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude_tree取得したくないタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)。指定されたIDのタクソノミーが子タクソノミーを持っている場合、それらの子カテゴリーも除外される。
    include取得したいタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    number取得件数(省略時は条件にマッチするすべてを取得する)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    fields情報項目を示すall、count、ids、namesなどを指定(省略時はall)
    slug取得したいタクソノミーのスラッグを指定
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    search取得したいタクソノミーの名前(その一部)を指定
    name__like取得したいタクソノミーの名前の先頭部分を指定
    pad_counts子タクソノミーの投稿件数を親タクソノミーに加算する場合はtrue(1)を指定(省略時はfalse)
    getすべてのカテゴリー情報を取得する場合にallを指定
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのタクソノミーの子孫がすべて対象となる)
    parentカテゴリーのIDを指定(そのIDのタクソノミーの子カテゴリーのみが対象となる)
    suppress_filter[4.8.0]フィルター処理しない場合はtrueを指定(省略時はfalse)
  • $deprecated
    非推奨(互換性維持のため存在)

バージョン4.4.3以前のパラメータは次の通り。

  • $taxonomies
    タクソノミー名。複数指定する場合は配列で指定。
    タクソノミー名意味
    categoryカテゴリー
    post_tag投稿タグ
    nav_menuメニュー
    link_categoryリンクのカテゴリー
  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はASC)
    hide_empty投稿記事がないタクソノミーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないタクソノミーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude_tree取得したくないタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)。指定されたIDのタクソノミーが子タクソノミーを持っている場合、それらの子カテゴリーも除外される。
    include取得したいタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    number取得件数(省略時は条件にマッチするすべてを取得する)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    fields情報項目を示すall、count、ids、namesなどを指定(省略時はall)
    slug取得したいタクソノミーのスラッグを指定
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    search取得したいタクソノミーの名前(その一部)を指定
    name__like取得したいタクソノミーの名前の先頭部分を指定
    pad_counts子タクソノミーの投稿件数を親タクソノミーに加算する場合はtrue(1)を指定(省略時はfalse)
    getすべてのカテゴリー情報を取得する場合にallを指定
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのタクソノミーの子孫がすべて対象となる)
    parentカテゴリーのIDを指定(そのIDのタクソノミーの子カテゴリーのみが対象となる)

返り値

マッチしたすべてのデータが格納された配列を返す。タクソノミー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名
descriptionstring説明
parentint親タクソノミーのID。親タクソノミーがない場合は0となる
countint投稿数

注意

タクソノミー情報は、投稿記事の付随情報のことで、カテゴリーや投稿タグなどが含まれている。 get_categories get_tagsでは、このget_termsを使用して情報を取得している。
パラメータ$argsで指定する検索条件はデフォルトでは'hide_empty'がtrueのため、投稿のないタクソノミーは取得できない。投稿数に関係なくすべてのカテゴリー情報を取得する場合は、'get=all'を指定するのが便利。
なお'parent'が指定された場合は、'child_of=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。
また'get=all'が指定された場合は、'child_of=0'、'hide_empty=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。

[4.5.0]パラメータの仕様が変更となり、基本的に第1パラメータのみを使用するようになった(ただし、互換性維持のためそれ以前のパラメータでも動作している)。

[4.6.0]検索機能を備えたWP_Term_Queryクラスの登場により、'get_terms'以外のフィルターはそちらに移動。'get_terms'フィルターのパラメータに検索に使用したWP_Term_Queryオブジェクトが追加された。

[4.8.0]suppress_filterが追加され、get_termsフィルターの処理前の内容を取得できるようになった。


使用例

  • すべてのカテゴリー情報を取得する。
    <?php
    // 4.5.0以降
    $categories = get_terms( array( 'taxonomy'=>'category', 'get'=>'all' ) );
    
    // 4.4.3以前
    $categories = get_terms( 'category', 'get=all' ) );
    ?>
  • すべての投稿タグ情報を取得する。
    <?php
    // 4.5.0以降
    $tags = get_terms( array( 'taxonomy'=>'post_tag', 'get'=>'all' ) ); 
    
    // 4.4.3以前
    $tags = get_terms( 'post_tag', 'get=all' ) ); 
    ?>

フィルター

[4.4.0]パラメータ$argsとマージする前にデフォルトのクエリー条件を調整する'get_terms_defaults'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultsにはデフォルトのクエリー条件(連想配列)が、$taxonomiesには本関数が受け取った内容がfalseが格納される。
$args = wp_parse_args( $args, apply_filters( 'get_terms_defaults', $defaults, $taxonomies ) );
[3.1.0]パラメータ$argsの初期値を調整するために'get_terms_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$args$taxonomiesには本関数が受け取った内容が格納される。
$args = apply_filters( 'get_terms_args', $args, $taxonomies );
[2.8.0]ソート対象を確定するために'get_terms_orderby'フィルターを呼び出す。パラメータ$orderbyはソート対象、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$orderby = apply_filters( 'get_terms_orderby', $orderby, $args, $taxonomies );
[2.3.0]除外するターム情報を確定するために'list_terms_exclusions'フィルターを呼び出す。パラメータ$exclusionsは除外する条件文、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$exclusions = apply_filters( 'list_terms_exclusions', $exclusions, $args, $taxonomies );
[2.8.0]ターム情報の取得する項目を確定するために'get_terms_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$selectsは項目の配列、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$selects = apply_filters( 'get_terms_fields', $selects, $args, $taxonomies );
[3.1.0]ターム情報の取得前に'terms_clauses'フィルターを呼び出す。パラメータ$clausesは検索項目の連想配列、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$clauses = apply_filters( 'terms_clauses', $clauses, $taxonomies, $args );
[2.3.0]ターム情報の配列を返す直前に'get_terms'フィルターを呼び出す。パラメータ$termsはターム情報の配列、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。[4.6.0]パラメータ$term_queryが追加され、検索に使用したWP_Term_Queryオブジェクトが格納される。
$terms = apply_filters( 'get_terms', $terms, $taxonomies, $args, $term_query );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:51



お勧め

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2018年5月8日 更新)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2017年12月17日 更新)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

get_postsとquery_postsを使い分け(2018年5月27日 更新)

get_posts query_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2018年5月27日 更新)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

使っていないか確認しないとね!(2017年11月18日 更新)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。