get_the_archive_description

(4.1.0以降)
get_the_archive_description - アーカイブページの説明を取得する

説明

string get_the_archive_description()
アーカイブページの説明を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

アーカイブページの説明を返す。

注意

アーカイブの説明はterm_description関数を呼び出して取得している。

[4.7.0]投稿者アーカイブ(is_author関数がtrue)の場合は投稿者の説明(メタ情報)を取得する。

[4.9.0]投稿タイプアーカイブ(is_post_type_archive[/af関数がtrue])の場合は投稿タイプの説明を取得する。

使用例

  • アーカイブページの説明を取得する。
    <?php $description = get_the_archive_description(); ?>

フィルター

[4.1.0]説明を返す前に'get_the_archive_description'フィルターを呼び出す。パラメータ$descriptionにはアーカイブページの説明が格納される。
return apply_filters( 'get_the_archive_description', $description );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2017-11-17 09:15