get_the_archive_title

(4.1.0以降)
get_the_archive_title - アーカイブページのタイトルを表示する

説明

string get_the_archive_title()
アーカイブページのタイトルを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

アーカイブページのタイトルを返す。未知の投稿フォーマットの場合、''が返る可能性がある。

注意

headタグのtitleタグ向けではなく、bodyタグ(コンテンツ)内などで使用するタイトルを取得する。タイトルは、次に示す表の順にリクエストを評価して決定する。

判定条件書式(英語)書式(日本語)
is_category()'Category: %s''カテゴリー: %s'
is_tag()'Tag: %s''タグ: %s'
is_author()'Author: <span class="vcard">%s</span>''作者別: <span class="vcard">%s</span>'
is_year()'Year: %s''年: %s'
is_month()'Month: %s''月別: %s'
is_day()'Day: %s''日: %s'
is_tax( 'post_format' )'Asides'、'Galleries'など'アサイド'、'ギャラリー'など
is_post_type_archive()'Archives: %s''アーカイブ: %s'
is_tax()'タクソノミー名: ターム名'
上記以外'Archives''アーカイブ'

使用例

  • アーカイブページのタイトルを取得する。
    <?php $title = get_the_archive_title(); ?>

フィルター

[4.1.0]タイトルを返す直前に'get_the_archive_title'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleはリクエストに応じたタイトルが格納される。
return apply_filters( 'get_the_archive_title', $title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • get_queried_object - ページリクエストにマッチした情報を取得する
  • get_taxonomy - タクソノミー情報を取得する
  • get_the_archive_description - アーカイブページの説明を取得する
  • get_the_author - 現在の投稿情報の著者名を取得する
  • get_the_date - 投稿データの投稿日を取得する
  • is_category - カテゴリーアーカイブページか調べる
  • is_day - 日別アーカイブページか調べる
  • is_month - 月別アーカイブページか調べる
  • is_post_type_archive - カスタム投稿タイプアーカイブページか調べる
  • is_tag - タグアーカイブページか調べる
  • is_tax - タクソノミーアーカイブページか調べる
  • is_year - 年別アーカイブページか調べる
  • post_type_archive_title - カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを表示する
  • single_cat_title - カテゴリー名を表示する
  • single_tag_title - 投稿タグ名を表示する
  • single_term_title - タクソノミー名を表示する
  • the_archive_title - アーカイブページのタイトルを表示する
  • _x - コンテキストに応じた翻訳テキストを取得する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2014-12-23 22:20