get_the_author_meta

(2.8.0以降)
get_the_author_meta - 投稿者情報を取得する

説明

string get_the_author_meta( [ string $field = '' [ , mixed $user_id = false ] ] )
投稿者情報を取得する。

パラメータ

  • $field
    ユーザ情報のフィールド名(省略時は'')。主な値は次の通り。
    フィールド名意味
    ID(id)ユーザID
    loginログイン名
    nicenameユーザのスラッグ
    emailメールアドレス
    urlユーザサイトのURL
    registered登録日時
    statusステータス
    display_nameユーザの表示名
  • $user_id
    ユーザID(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$fieldで指定されたユーザ情報を返す。

注意

投稿者IDを省略した場合は、現在の投稿記事の投稿者情報($authordata)を参照し、指定されたフィールドの値を返します。

使用例

  • 現在の投稿記事の投稿者IDを取得する。
    <?php $user_id = get_the_author_meta( 'id' ); ?>
  • 投稿者IDが10の投稿者情報'nicename'を取得する。
    <?php $value = get_the_author_meta( 'nicename', 10 ); ?>

フィルター

[2.8.0]メタ情報を返す前に'get_the_author_'.$fieldフィルター($fieldは本関数が受け取った値か、その前に'user_'が付いたもので、'login'の場合はget_the_author_user_login)を呼び出す。パラメータ$fieldにはフィールド名('user_'が付く場合あり)、$valueには返す値、$user_idは対象のユーザIDが格納される。[4.3.0]で本関数が受け取った$user_idの値が格納されるパラメータ$original_user_idが追加された。
return apply_filters( return apply_filters( 'get_the_author_' . $field, $value, $user_id, $original_user_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2016-12-16 15:08