get_the_author_meta

説明

string get_the_author_meta( [ string $field = '' [ , mixed $user_id = false ] ] )
投稿者情報を取得する。

パラメータ

  • $field
    ユーザ情報のフィールド名(省略時は'')。主な値は次の通り。
    フィールド名意味
    ID(id)ユーザID
    loginログイン名
    nicenameユーザのスラッグ
    emailメールアドレス
    urlユーザサイトのURL
    registered登録日時
    statusステータス
    display_nameユーザの表示名
  • $user_id
    ユーザID(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$fieldで指定されたユーザ情報を返す。

注意

投稿者IDを省略した場合は、現在の投稿記事の投稿者情報($authordata)を参照し、指定されたフィールドの値を返します。

使用例

  • 現在の投稿記事の投稿者IDを取得する。
    <?php $user_id = get_the_author_meta( 'id' ); ?>
  • 投稿者IDが10の投稿者情報'nicename'を取得する。
    <?php $value = get_the_author_meta( 'nicename', 10 ); ?>

フィルター

[2.8.0]メタ情報を返す前に'get_the_author_'.$fieldフィルター($fieldは本関数が受け取った値か、その前に'user_'が付いたもので、'login'の場合はget_the_author_user_login)を呼び出す。パラメータ$fieldにはフィールド名('user_'が付く場合あり)、$valueには返す値、$user_idは対象のユーザIDが格納される。[4.3.0]で本関数が受け取った$user_idの値が格納されるパラメータ$original_user_idが追加された。
return apply_filters( return apply_filters( 'get_the_author_' . $field, $value, $user_id, $original_user_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

最終更新 : 2022年05月30日 16:26



お勧め

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 更新)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 更新)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 更新)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

新規投稿時の本文プレースホルダーテキストを変える(2021年9月9日 更新)

ブロックエディターに影響を与えるフィルターは多数存在する。今回紹介するフィルターはその1つで、新規投稿時の本文ブロックのプレースホルダーテキストを変更するものだ。

ログインページのタイトルを変更してみる(2018年5月27日 更新)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。