get_the_author_meta

説明

string get_the_author_meta( [ string $field = '' [ , mixed $user_id = false ] ] )
投稿者情報を取得する。

パラメータ

  • $field
    ユーザ情報のフィールド名(省略時は'')。主な値は次の通り。
    フィールド名意味
    ID(id)ユーザID
    loginログイン名
    nicenameユーザのスラッグ
    emailメールアドレス
    urlユーザサイトのURL
    registered登録日時
    statusステータス
    display_nameユーザの表示名
  • $user_id
    ユーザID(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$fieldで指定されたユーザ情報を返す。

注意

投稿者IDを省略した場合は、現在の投稿記事の投稿者情報($authordata)を参照し、指定されたフィールドの値を返します。

使用例

  • 現在の投稿記事の投稿者IDを取得する。
    <?php $user_id = get_the_author_meta( 'id' ); ?>
  • 投稿者IDが10の投稿者情報'nicename'を取得する。
    <?php $value = get_the_author_meta( 'nicename', 10 ); ?>

フィルター

[2.8.0]メタ情報を返す前に'get_the_author_'.$fieldフィルター($fieldは本関数が受け取った値か、その前に'user_'が付いたもので、'login'の場合はget_the_author_user_login)を呼び出す。パラメータ$fieldにはフィールド名('user_'が付く場合あり)、$valueには返す値、$user_idは対象のユーザIDが格納される。[4.3.0]で本関数が受け取った$user_idの値が格納されるパラメータ$original_user_idが追加された。
return apply_filters( return apply_filters( 'get_the_author_' . $field, $value, $user_id, $original_user_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:51



お勧め

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 更新)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

MOファイルを作ってみた(2018年7月25日 更新)

テーマやプラグインで使用するMOファイルはWindows環境では「Poedit」アプリを使うことが多かったが、最近では「GlotPress」のようなプラグインも増えてきており、選択肢は広がっている。定期的に開発環境を見直す過程で「Poedit」から「GlotPress」に切り替えようと思ったのだが、微妙にしっくりこなかった。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2018年5月27日 更新)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

さくらのVPSでKUSANAGI(2018年5月27日 更新)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2018年5月27日 更新)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。