get_the_author_posts_link

(4.4.0以降)
get_the_author_posts_link - 投稿者アーカイブページのリンクを取得する

説明

string get_the_author_posts_link( )
投稿者アーカイブページのリンクを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿者アーカイブページのリンクを返す。

注意

本関数は4.4でthe_author_posts_link関数から分離した。グローバル変数$authordataを参照し、投稿者データでない場合は何も返さない(the_author_posts_linkフィルターも実行しない)。リンクの書式は次の通り。

<a href="投稿者アーカイブページのURL" title="投稿者アーカイブページ('Posts by %s'の翻訳テイストで%sには投稿者名)のタイトル" rel="author">投稿者名</a>

使用例

  • 投稿者アーカイブページのリンクを取得する。
    <?php $link = get_the_author_posts_link(); ?>

フィルター

[2.9.0]リンクを返す直前にthe_author_posts_linkフィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンク(HTMLテキスト)の内容が格納される。
return apply_filters( 'the_author_posts_link', $link );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:23