get_the_author_posts_link

(4.4.0以降)
get_the_author_posts_link - 投稿者アーカイブページのリンクを取得する

説明

string get_the_author_posts_link( )
投稿者アーカイブページのリンクを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿者アーカイブページのリンクを返す。

注意

本関数は4.4でthe_author_posts_link関数から分離した。グローバル変数$authordataを参照し、投稿者データでない場合は何も返さない(the_author_posts_linkフィルターも実行しない)。リンクの書式は次の通り。

<a href="投稿者アーカイブページのURL" title="投稿者アーカイブページ('Posts by %s'の翻訳テイストで%sには投稿者名)のタイトル" rel="author">投稿者名</a>

使用例

  • 投稿者アーカイブページのリンクを取得する。
    <?php $link = get_the_author_posts_link(); ?>

フィルター

[2.9.0]リンクを返す直前にthe_author_posts_linkフィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンク(HTMLテキスト)の内容が格納される。
return apply_filters( 'the_author_posts_link', $link );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

関連

お勧めコンテンツ

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:23