get_the_category

説明

array get_the_category( [ int $id = false ] )
投稿データのカテゴリー情報を取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿ID(省略時は現在の投稿データの投稿IDが適用される)。

返り値

カテゴリー情報(オブジェクト)を配列に格納して返す。投稿データにカテゴリーが設定されていない場合は、空の配列を返す。
カテゴリー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は必ず'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
cat_IDintカテゴリーID(term_idのエイリアス)
category_countint投稿数(countのエイリアス)
category_descriptionstring説明(descriptionのエイリアス)
cat_namestringカテゴリー名(nameのエイリアス)
category_nicenamestringナイスネーム(slugのエイリアス)
category_parentint親カテゴリーID(parentのエイリアス)

注意

4.4からget_the_categoriesフィルターのパラメータに$idが追加された。


使用例

  • 現在の投稿データのカテゴリー情報を取得する。
    <?php $current_category = get_the_category(); ?>

フィルター

[3.1.0]カテゴリー情報を返す直前にget_the_categoriesフィルターを呼び出す。パラメータ$categoriesにはカテゴリー情報が格納される。[4.4.0]$idには本関数が受け取った値が格納される。
return apply_filters( 'get_the_categories', $categories, $id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:49



お勧め

Gutenbergでカスタムフィールドを使う(2018年8月10日 更新)

Gutenbergの新エディターではカスタムフィールドのウィジェットが表示されない。既存のカスタムフィールドのデータはなくなるわけでないので、新エディター上で編集・更新できないか調べてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2018年5月27日 更新)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月7日 更新)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2018年5月27日 更新)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。