get_the_category

説明

array get_the_category( [ int $id = false ] )
投稿データのカテゴリー情報を取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿ID(省略時は現在の投稿データの投稿IDが適用される)。

返り値

カテゴリー情報(オブジェクト)を配列に格納して返す。投稿データにカテゴリーが設定されていない場合は、空の配列を返す。
カテゴリー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は必ず'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
cat_IDintカテゴリーID(term_idのエイリアス)
category_countint投稿数(countのエイリアス)
category_descriptionstring説明(descriptionのエイリアス)
cat_namestringカテゴリー名(nameのエイリアス)
category_nicenamestringナイスネーム(slugのエイリアス)
category_parentint親カテゴリーID(parentのエイリアス)

注意

4.4からget_the_categoriesフィルターのパラメータに$idが追加された。


使用例

  • 現在の投稿データのカテゴリー情報を取得する。
    <?php $current_category = get_the_category(); ?>

フィルター

[3.1.0]カテゴリー情報を返す直前にget_the_categoriesフィルターを呼び出す。パラメータ$categoriesにはカテゴリー情報が格納される。[4.4.0]$idには本関数が受け取った値が格納される。
return apply_filters( 'get_the_categories', $categories, $id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

最終更新 : 2015年12月10日 16:47



お勧め

LevelとCapability(2011年4月14日 更新)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年8月4日 更新)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年10月16日 更新)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 更新)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 更新)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。