get_the_comments_navigation

(4.4.0以降)
get_the_comments_navigation - コメントナビゲーションを取得する

説明

string get_the_comments_navigation( [ array $args = array() ] )
コメントナビゲーションを取得する。

パラメータ

  • $args
    パラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。
    キー意味省略時の値
    'prev_text'前のコメントのリンク表記__( 'Older comments' )
    'next_text'次のコメントのリンク表記__( 'Newer comments' )
    'screen_reader_text'ナビゲーションの見出し文__( 'Comments navigation' )

返り値

コメントナビゲーション(HTML)を返す。コメントが1ページ以内の場合は''を返す。

注意

前のコメントページのリンクのdivタグは'nav-previous'クラス、次のコメントページのリンクのdivタグには'nav-next'クラスが指定されている。

使用例

  • コメントナビゲーションを取得する。
    <?php $nav = get_the_comments_navigation(); ?>
  • コメントナビゲーションをリンク表記を指定して取得する。
    <?php $nav = get_the_comments_navigation( array( 'prev_text' => '前コメント', 'next_text' => '次コメント' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:13