get_the_content

(0.71以降)
get_the_content - 現在の投稿情報のコンテンツを取得する

説明

string get_the_content( [ string $more_link_text = null [ , bool $strip_teaser = false ] ] )
現在の投稿情報のコンテンツを取得する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $strip_teaser
    trueの場合はページを分割し、falseの場合は分割しない。(省略時はfalse)。

返り値

現在の投稿情報のコンテンツを返す。

注意

単純に投稿情報のコンテンツ部分を返すのではなく、リクエスト状況に応じたHTMLテキストを返している。

・現在の投稿情報がパスワード保護されている場合は、パスワード入力フォームを返す。

・コンテンツが分割されている場合は、その分割部分と(必要に応じて)モアリンクのテキストを加えたものを返す。

使用例

  • 現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content(); ?>
  • モアリンクのテキストを'[次へ…]'として、現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content( '[次へ…]' ); ?>

フィルター

モアリンクをのHTMLテキストを追加する直前に'the_content_more_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$more_linkにはモアリンクのHTMLテキストが、$more_link_textにはモアリンクのテキストが格納される。
$output .= apply_filters( 'the_content_more_link', $more_link, $more_link_text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

最終更新日時 : 2014-03-03 19:49