get_the_content

(0.71以降)
get_the_content - 現在の投稿情報のコンテンツを取得する

説明

string get_the_content( [ string $more_link_text = null [ , bool $strip_teaser = false ] ] )
現在の投稿情報のコンテンツを取得する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $strip_teaser
    trueの場合はページを分割し、falseの場合は分割しない。(省略時はfalse)。

返り値

現在の投稿情報のコンテンツを返す。

注意

単純に投稿情報のコンテンツ部分を返すのではなく、リクエスト状況に応じたHTMLテキストを返している。

・現在の投稿情報がパスワード保護されている場合は、パスワード入力フォームを返す。

・コンテンツが分割されている場合は、その分割部分と(必要に応じて)モアリンクのテキストを加えたものを返す。

使用例

  • 現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content(); ?>
  • モアリンクのテキストを'[次へ…]'として、現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content( '[次へ…]' ); ?>

フィルター

モアリンクをのHTMLテキストを追加する直前に'the_content_more_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$more_linkにはモアリンクのHTMLテキストが、$more_link_textにはモアリンクのテキストが格納される。
$output .= apply_filters( 'the_content_more_link', $more_link, $more_link_text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2014-03-03 19:49