get_the_content

(0.71以降)
get_the_content - 現在の投稿情報のコンテンツを取得する

説明

string get_the_content( [ string $more_link_text = null [ , bool $strip_teaser = false ] ] )
現在の投稿情報のコンテンツを取得する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $strip_teaser
    trueの場合はページを分割し、falseの場合は分割しない。(省略時はfalse)。

返り値

現在の投稿情報のコンテンツを返す。

注意

単純に投稿情報のコンテンツ部分を返すのではなく、リクエスト状況に応じたHTMLテキストを返している。

・現在の投稿情報がパスワード保護されている場合は、パスワード入力フォームを返す。

・コンテンツが分割されている場合は、その分割部分と(必要に応じて)モアリンクのテキストを加えたものを返す。

使用例

  • 現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content(); ?>
  • モアリンクのテキストを'[次へ…]'として、現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content( '[次へ…]' ); ?>

フィルター

モアリンクをのHTMLテキストを追加する直前に'the_content_more_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$more_linkにはモアリンクのHTMLテキストが、$more_link_textにはモアリンクのテキストが格納される。
$output .= apply_filters( 'the_content_more_link', $more_link, $more_link_text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

最終更新日時 : 2014-03-03 19:49