get_the_content

(0.71以降)
get_the_content - 現在の投稿情報のコンテンツを取得する

説明

string get_the_content( [ string $more_link_text = null [ , bool $strip_teaser = false ] ] )
現在の投稿情報のコンテンツを取得する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $strip_teaser
    trueの場合はページを分割し、falseの場合は分割しない。(省略時はfalse)。

返り値

現在の投稿情報のコンテンツを返す。

注意

単純に投稿情報のコンテンツ部分を返すのではなく、リクエスト状況に応じたHTMLテキストを返している。

・現在の投稿情報がパスワード保護されている場合は、パスワード入力フォームを返す。

・コンテンツが分割されている場合は、その分割部分と(必要に応じて)モアリンクのテキストを加えたものを返す。

使用例

  • 現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content(); ?>
  • モアリンクのテキストを'[次へ…]'として、現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content( '[次へ…]' ); ?>

フィルター

モアリンクをのHTMLテキストを追加する直前に'the_content_more_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$more_linkにはモアリンクのHTMLテキストが、$more_link_textにはモアリンクのテキストが格納される。
$output .= apply_filters( 'the_content_more_link', $more_link, $more_link_text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2014-03-03 19:49