get_the_date

(3.0.0以降)
get_the_date - 投稿データの投稿日を取得する

説明

mixed get_the_date ( [ string $d = '' [ , mixed $post = null ] ] )
パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日を取得する。

パラメータ

  • $d
    フォーマットを指定する文字列(PHP date関数参照)。省略時は、管理画面「設定」「一般設定」の日付フォーマットが適用される。
  • $post
    [3.9.0]投稿IDまたは投稿情報オブジェクト。省略時はnullとなり、現在の投稿情報が適用される。

返り値

パラメータ$dで指定された書式で投稿日を返す。投稿情報が無効な場合はfalseを返す。

注意

この関数は、the_date関数などから呼ばれており、呼び出す前にthe_post関数を使用しておく必要がある。

[3.9.0]パラメータ$postで任意の投稿情報の投稿日を取得できるようになった。なお$postの値で取得しなおした投稿情報が無効な場合はfalseを返す。

使用例

  • デフォルトフォーマットで投稿日を取得する。
    <?php $post_date = get_the_date(); ?>

フィルター

[3.0.0]投稿日を返す直前にget_the_dateフィルターを呼び出す。パラメータ$the_dateには投稿日の内容が、$dには受け取った日付フォーマットが格納される。[3.9.0]$postには本関数が受け取った値で取得しなおした投稿情報が格納される。
return apply_filters( 'get_the_date', $the_date, $d, $post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39