get_the_date

説明

mixed get_the_date ( [ string $d = '' [ , mixed $post = null ] ] )
パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日を取得する。

パラメータ

  • $d
    フォーマットを指定する文字列(PHP date関数参照)。省略時は、管理画面「設定」「一般設定」の日付フォーマットが適用される。
  • $post
    [3.9.0]投稿IDまたは投稿情報オブジェクト。省略時はnullとなり、現在の投稿情報が適用される。

返り値

パラメータ$dで指定された書式で投稿日を返す。投稿情報が無効な場合はfalseを返す。

注意

この関数は、 the_date関数などから呼ばれており、呼び出す前に the_post関数を使用しておく必要がある。

[3.9.0]パラメータ$postで任意の投稿情報の投稿日を取得できるようになった。なお$postの値で取得しなおした投稿情報が無効な場合はfalseを返す。


使用例

  • デフォルトフォーマットで投稿日を取得する。
    <?php $post_date = get_the_date(); ?>

フィルター

[3.0.0]投稿日を返す直前にget_the_dateフィルターを呼び出す。パラメータ$the_dateには投稿日の内容が、$dには受け取った日付フォーマットが格納される。[3.9.0]$postには本関数が受け取った値で取得しなおした投稿情報が格納される。
return apply_filters( 'get_the_date', $the_date, $d, $post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:52



お勧め

ブロックエディターの文字サイズ設定を変えてみる(2019年12月12日 更新)

今回は「前回投稿した内容」の続きブロックエディターの文字サイズ設定を変えようと思う。参考にするテーマはもちろん「Twenty Twenty」である。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 更新)

投稿記事の投稿日時を表示する際、 the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 更新)

投稿内容を表示する the_content関数では、 wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2018年5月27日 更新)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 更新)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。