get_the_date

(3.0.0以降)
get_the_date - 投稿データの投稿日を取得する

説明

mixed get_the_date ( [ string $d = '' [ , mixed $post = null ] ] )
パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日を取得する。

パラメータ

  • $d
    フォーマットを指定する文字列(PHP date関数参照)。省略時は、管理画面「設定」「一般設定」の日付フォーマットが適用される。
  • $post
    [3.9.0]投稿IDまたは投稿情報オブジェクト。省略時はnullとなり、現在の投稿情報が適用される。

返り値

パラメータ$dで指定された書式で投稿日を返す。投稿情報が無効な場合はfalseを返す。

注意

この関数は、the_date関数などから呼ばれており、呼び出す前にthe_post関数を使用しておく必要がある。

[3.9.0]パラメータ$postで任意の投稿情報の投稿日を取得できるようになった。なお$postの値で取得しなおした投稿情報が無効な場合はfalseを返す。

使用例

  • デフォルトフォーマットで投稿日を取得する。
    <?php $post_date = get_the_date(); ?>

フィルター

[3.0.0]投稿日を返す直前にget_the_dateフィルターを呼び出す。パラメータ$the_dateには投稿日の内容が、$dには受け取った日付フォーマットが格納される。[3.9.0]$postには本関数が受け取った値で取得しなおした投稿情報が格納される。
return apply_filters( 'get_the_date', $the_date, $d, $post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39