get_the_excerpt

(0.71以降)
get_the_excerpt - 投稿情報の抜粋記事を取得する

説明

string get_the_excerpt( [ mixed $post = null$deprecated = '' ] )
投稿情報の抜粋記事を取得する。

パラメータ

  • [4.5.0]$post$deprecated
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定(省略時はnull)未使用(2.3で非推奨)

返り値

抜粋記事の文字列を返す。投稿記事にパスワードが設定されている場合は、'There is no excerpt because this is a protected post.'(もしくはその翻訳テキスト)になる。

注意

[4.5.0]バージョン2.3以降パラメータの使用は非推奨とされてきたが、4.5.0から投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定できるよう仕様が変更された。なおパラメータが省略された場合は従来通り現在の投稿情報の抜粋を返す。

抜粋記事は'get_the_excerpt'フィルターが適用される。[4.5.0]パラメータ$postで指定された投稿情報が見つからない場合はフィルターを通過せずに''を返す。

使用例

  • 現在の投稿情報の抜粋記事を取得する。
    <?php $excerpt = get_the_excerpt(); ?>

フィルター

[1.2.0]抜粋テキストを返す直前に'get_the_excerpt'フィルターが呼び出す。パラメータ$excerptには抜粋テキストが格納されている。[4.5.0]パラメータ$postには対象の投稿情報オブジェクトが格納されている。
return apply_filters( 'the_excerpt', $excerpt, $post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • the_excerpt - 投稿情報の抜粋記事を表示する
  • the_excerpt_rss - RSSフィード用の抜粋記事を出力する
  • the_post - 投稿データをロードする

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2016-05-23 12:49