get_the_excerpt

(0.71以降)
get_the_excerpt - 投稿情報の抜粋記事を取得する

説明

string get_the_excerpt( [ mixed $post = null$deprecated = '' ] )
投稿情報の抜粋記事を取得する。

パラメータ

  • [4.5.0]$post$deprecated
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定(省略時はnull)未使用(2.3で非推奨)

返り値

抜粋記事の文字列を返す。投稿記事にパスワードが設定されている場合は、'There is no excerpt because this is a protected post.'(もしくはその翻訳テキスト)になる。

注意

[4.5.0]バージョン2.3以降パラメータの使用は非推奨とされてきたが、4.5.0から投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定できるよう仕様が変更された。なおパラメータが省略された場合は従来通り現在の投稿情報の抜粋を返す。

抜粋記事は'get_the_excerpt'フィルターが適用される。[4.5.0]パラメータ$postで指定された投稿情報が見つからない場合はフィルターを通過せずに''を返す。

使用例

  • 現在の投稿情報の抜粋記事を取得する。
    <?php $excerpt = get_the_excerpt(); ?>

フィルター

[1.2.0]抜粋テキストを返す直前に'get_the_excerpt'フィルターが呼び出す。パラメータ$excerptには抜粋テキストが格納されている。[4.5.0]パラメータ$postには対象の投稿情報オブジェクトが格納されている。
return apply_filters( 'the_excerpt', $excerpt, $post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • the_excerpt - 投稿情報の抜粋記事を表示する
  • the_excerpt_rss - RSSフィード用の抜粋記事を出力する
  • the_post - 投稿データをロードする

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2016-05-23 12:49