get_the_generator

(2.5.0以降)
get_the_generator - generatorタグを取得する

説明

string get_the_generator( string $type = '' )
generatorタグを取得する。

パラメータ

  • $type
    generatorタグのタイプを指定(省略時は'')。
    タイプ名
    'html'HTML
    'xhtml'XHTML
    'atom'ATOMフィード
    'rss2'RSS 2.0フィード
    'rdf'RDFフィード
    'comment'コメントフィード
    'export'エクスポートXML

返り値

パラメータ$typeに応じたgeneratorタグの文字列を返す(返り値の文字列には改行コードは含まれていない)。

注意

パラメータ$typeを省略した場合、current_filter関数で実行時のフィルター(アクション)名を取得し、それに応じたタイプのgeneratorタグを返す。実行時のフィルター(アクション)名が取得できなかった場合は何も返さない。

使用例

  • XHTMLのgeneratorタグを取得する。
    <?php $tag = get_the_generator( 'xhtml' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

最終更新日時 : 2011-02-07 23:25