get_the_generator

(2.5.0以降)
get_the_generator - generatorタグを取得する

説明

string get_the_generator( string $type = '' )
generatorタグを取得する。

パラメータ

  • $type
    generatorタグのタイプを指定(省略時は'')。
    タイプ名
    'html'HTML
    'xhtml'XHTML
    'atom'ATOMフィード
    'rss2'RSS 2.0フィード
    'rdf'RDFフィード
    'comment'コメントフィード
    'export'エクスポートXML

返り値

パラメータ$typeに応じたgeneratorタグの文字列を返す(返り値の文字列には改行コードは含まれていない)。

注意

パラメータ$typeを省略した場合、current_filter関数で実行時のフィルター(アクション)名を取得し、それに応じたタイプのgeneratorタグを返す。実行時のフィルター(アクション)名が取得できなかった場合は何も返さない。

使用例

  • XHTMLのgeneratorタグを取得する。
    <?php $tag = get_the_generator( 'xhtml' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2011-02-07 23:25