get_the_ID

(2.1.0以降)
get_the_ID - 現在の投稿情報のIDを取得する

説明

int get_the_ID()
現在の投稿情報のIDを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在の投稿情報のIDを返す。

注意

内部ではget_post関数で現在の投稿情報を取得している。

使用例

  • 現在の投稿情報のIDを取得する。
    <?php $post_id = get_the_ID(); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する
  • get_post - 投稿情報を取得する
  • is_sticky - 投稿が「先頭に固定表示(sticky)」か調べる
  • the_ID - 投稿IDを表示する

お勧めコンテンツ

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2014-10-06 15:32