get_the_ID

(2.1.0以降)
get_the_ID - 現在の投稿情報のIDを取得する

説明

int get_the_ID()
現在の投稿情報のIDを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在の投稿情報のIDを返す。

注意

内部ではget_post関数で現在の投稿情報を取得している。

使用例

  • 現在の投稿情報のIDを取得する。
    <?php $post_id = get_the_ID(); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する
  • get_post - 投稿情報を取得する
  • is_sticky - 投稿が「先頭に固定表示(sticky)」か調べる
  • the_ID - 投稿IDを表示する

お勧めコンテンツ

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2014-10-06 15:32