get_the_modified_author

説明

string | void get_the_modified_author()
更新者の表示名を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

更新者の表示名を返す。更新者IDが登録されていない場合は何も返さない。

注意

投稿情報の更新者IDは、投稿メタ情報キー'_edit_last'にて保存されている。更新者IDは通常の投稿編集時のほか、リビジョンで以前の内容に書き戻した場合にも更新される。


使用例

  • 更新者の表示名を取得する。

フィルター

[2.8.0]更新者IDが登録されている場合に'the_modified_author'フィルターを呼び出す。パラメータ$last_user_nameには更新者の表示名が格納されている。
return apply_filters( 'the_modified_author', $last_user_name );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

最終更新 : 2019年10月17日 14:25



お勧め

ログアウト後はいつもサイトトップ(2018年5月27日 更新)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

oEmbed対応サイトを整理した(2017年11月18日 更新)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 更新)

投稿内容を表示する the_content関数では、 wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2019年9月7日 更新)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。