get_the_password_form

(1.0.0以降)
get_the_password_form - パスワード保護されている投稿のパスワード入力フォームを取得する

説明

string get_the_password_form( [ mixed $post = 0 ] )
パスワード保護されている投稿のパスワード入力フォームを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報を指定(省略時は0)。

返り値

パスワード入力フォームのHTMLテキストを返す。

注意

コンテンツを取得するget_the_content関数内において、投稿情報がパスワードで保護されている場合、この関数を呼び出している。自前で投稿記事のコンテンツを表示する場合は、本関数の呼び出しを考慮する必要はあるが、標準的にthe_content関数で投稿記事のコンテンツを表示しているならば、本関数を意識する必要はない。

使用例

  • 現在の投稿情報のパスワード入力フォームを表示する。
    <?php echo get_the_password_form(); ?>

フィルター

パスワード入力フォームのHTMLテキストを返す直前に'the_password_form'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputにはHTMLテキストが格納される。
return apply_filters( 'the_password_form', $output );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

最終更新日時 : 2014-03-03 19:21