get_the_permalink

(3.9.0以降)
get_the_permalink - 現在の投稿情報のパーマリンクを取得する

説明

string get_the_permalink( [ mixed $id = 0 [ , bool $leavename = false ] ] )
現在の投稿情報のパーマリンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDまたは投稿情報を指定(省略時は0)。
  • $leavename
    投稿名およびページ名を除外する場合はfalse、有効にする場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

投稿情報のパーマリンクを返す。

注意

get_permalink関数のエイリアス関数。現在の投稿情報の何かを取得するget_the_titleget_the_dateなどのget_theシリーズ関数のネーミングルールに合わせるために作られた(たぶん)。

パラメータ$idに投稿IDまたは投稿情報を指定することで、任意の投稿情報のパーマリンクを取得できる。

使用例

  • 現在の投稿情報のパーマリンクを取得する。
    <?php $path = get_the_permalink(); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報のパーマリンクを取得する。
    <?php $path = get_the_permalink( 10 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_permalink - 投稿情報のパーマリンクを取得する
  • get_post_permalink - カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する
  • the_post - 投稿データをロードする

お勧めコンテンツ

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2014-06-12 09:16