get_the_post_navigation

(4.1.0以降)
get_the_post_navigation - 投稿ページ向けのナビゲーションを取得する

説明

string get_the_post_navigation( [ array $args = array() ] )
投稿ページ向けのナビゲーションを取得する。

パラメータ

  • $args
    パラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。
    キー意味省略時の値
    'prev_text'前ページリンクの表記'%title'
    'next_text'次ページリンクの表記'%title'
    'in_same_term'[4.4.0]同じタームで前後の投稿を検索する場合はtrueを指定false
    'excluded_terms'[4.4.0]除外するタームIDをカンマ区切りまたは配列で指定''
    'taxonomy'[4.4.0]タクソノミーを指定'category'
    'screen_reader_text'ナビゲーションの見出し(h2タグの中身)__( 'Post navigation' )

返り値

投稿ページ向けのナビゲーション(HTML)を返す。

注意

ナビゲーションはnavタグを使用し、前ページのリンクには'nav-previous'クラス、次ページのリンクには'nav-next'クラスが指定されている。

使用例

  • 投稿ページ向けのナビゲーションを取得する。
    <?php $nav = get_the_post_navigation(); ?>
  • 投稿ページ向けのナビゲーションをリンク表記を指定して取得する。
    <?php $nav = get_the_post_navigation( array( 'prev_text' => '前へ', 'next_text' => '次へ' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

最終更新日時 : 2015-12-16 11:57