get_the_post_thumbnail

(2.9.0以降)
get_the_post_thumbnail - アイキャッチ画像のHTMLテキストを出力する

説明

string get_the_post_thumbnail( [ int $post_id = null [ , mixed $size = 'post-thumbnail' [ , mixed $attr = '' ] ] ] )
アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDを指定(省略時はnull)。
  • $size
    サイズを文字列または配列で指定(省略時は'post-thumbnail')。
  • $attr
    アイキャッチ画像取得時の属性を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。

返り値

アイキャッチ画像を表示するimgタグのHTMLテキストを返す。

注意

パラメータ$post_idを省略した場合はnullが適用され、現在の投稿情報を対象としてアイキャッチ画像を調べ、HTMLテキストを生成する。
なお、以下に示すadd_theme_support関数にてテーマがアイキャッチ画像をサポートしていないと本関数を含めアイキャッチ画像関連関数は未定義となるので、注意が必要である。
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

使用例

  • アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをサイズを指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, array( 250, 250 ) ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を文字列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', 'class=photo_frame' ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を連想配列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', array( 'class'=>'photo_frame' ) ); ?>

フィルター

wp_get_attachment_image関数でアイキャッチ画像のHTMLテキストを取得する前に、パラメータで受け取った$sizeのフィルター処理を行う。
$size = apply_filters( 'post_thumbnail_size', $size );
結果を返す直前に実行される。$htmlにはアイキャッチ画像のHTMLテキストが格納されており、このフィルターで任意の処理を行うことができる。
return apply_filters( 'post_thumbnail_html', $html, $post_id, $post_thumbnail_id, $size, $attr );

アクション

wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得する前に実行される。
do_action( 'begin_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );
wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得した後に実行される。
do_action( 'end_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );

ソースファイル

/wp-includes/post-thumbnail-template.php

関連

お勧めコンテンツ

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2014-09-12 19:36