get_the_post_thumbnail

(2.9.0以降)
get_the_post_thumbnail - アイキャッチ画像のHTMLテキストを出力する

説明

string get_the_post_thumbnail( [ int $post_id = null [ , mixed $size = 'post-thumbnail' [ , mixed $attr = '' ] ] ] )
アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDを指定(省略時はnull)。
  • $size
    サイズを文字列または配列で指定(省略時は'post-thumbnail')。
  • $attr
    アイキャッチ画像取得時の属性を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。

返り値

アイキャッチ画像を表示するimgタグのHTMLテキストを返す。

注意

パラメータ$post_idを省略した場合はnullが適用され、現在の投稿情報を対象としてアイキャッチ画像を調べ、HTMLテキストを生成する。
なお、以下に示すadd_theme_support関数にてテーマがアイキャッチ画像をサポートしていないと本関数を含めアイキャッチ画像関連関数は未定義となるので、注意が必要である。
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

使用例

  • アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをサイズを指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, array( 250, 250 ) ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を文字列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', 'class=photo_frame' ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を連想配列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', array( 'class'=>'photo_frame' ) ); ?>

フィルター

[2.9.0]サムネールを準備する前に'post_thumbnail_size'フィルターを呼び出す。パラメータ$sizeには本関数が受け取った内容が格納されている。[4.9.0]パラメータ$post_idが追加され、投稿IDが格納されている。
$size = apply_filters( 'post_thumbnail_size', $size, $post_id );
[2.9.0]結果を返す直前に'post_thumbnail_html'フィルターが呼び出される。パラメータ$htmlにはアイキャッチ画像のHTMLテキストが格納されており、このフィルターで任意の処理を行うことができる。
return apply_filters( 'post_thumbnail_html', $html, $post_id, $post_thumbnail_id, $size, $attr );

アクション

wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得する前に実行される。
do_action( 'begin_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );
wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得した後に実行される。
do_action( 'end_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );

ソースファイル

/wp-includes/post-thumbnail-template.php

関連

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

最終更新日時 : 2017-12-11 09:48