get_the_post_thumbnail

(2.9.0以降)
get_the_post_thumbnail - アイキャッチ画像のHTMLテキストを出力する

説明

string get_the_post_thumbnail( [ int $post_id = null [ , mixed $size = 'post-thumbnail' [ , mixed $attr = '' ] ] ] )
アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDを指定(省略時はnull)。
  • $size
    サイズを文字列または配列で指定(省略時は'post-thumbnail')。
  • $attr
    アイキャッチ画像取得時の属性を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。

返り値

アイキャッチ画像を表示するimgタグのHTMLテキストを返す。

注意

パラメータ$post_idを省略した場合はnullが適用され、現在の投稿情報を対象としてアイキャッチ画像を調べ、HTMLテキストを生成する。
なお、以下に示すadd_theme_support関数にてテーマがアイキャッチ画像をサポートしていないと本関数を含めアイキャッチ画像関連関数は未定義となるので、注意が必要である。
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

使用例

  • アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをサイズを指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, array( 250, 250 ) ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を文字列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', 'class=photo_frame' ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を連想配列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', array( 'class'=>'photo_frame' ) ); ?>

フィルター

wp_get_attachment_image関数でアイキャッチ画像のHTMLテキストを取得する前に、パラメータで受け取った$sizeのフィルター処理を行う。
$size = apply_filters( 'post_thumbnail_size', $size );
結果を返す直前に実行される。$htmlにはアイキャッチ画像のHTMLテキストが格納されており、このフィルターで任意の処理を行うことができる。
return apply_filters( 'post_thumbnail_html', $html, $post_id, $post_thumbnail_id, $size, $attr );

アクション

wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得する前に実行される。
do_action( 'begin_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );
wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得した後に実行される。
do_action( 'end_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );

ソースファイル

/wp-includes/post-thumbnail-template.php

関連

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2014-09-12 19:36