get_the_post_type_description

説明

string get_the_post_type_description()
投稿タイプアーカイブページ向けの説明を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿タイプの説明を返す。投稿タイプが無効な場合は''を返す。

注意

本関数にパラメータはなく、リクエストクエリーの投稿タイプの説明を取得する。なお投稿タイプが複数存在した場合は先頭の投稿タイプが対象となる。

テーマの汎用アーカイブページテンプレートで説明が必要な場合は、本関数ではなく get_the_archive_description the_archive_description関数が使用できる。


使用例

  • 投稿タイプアーカイブページ向けの説明を取得する。
    <?php $description = get_the_post_type_description(); ?>

フィルター

[4.9.0]投稿タイプの説明を返す前に'get_the_post_type_description'を呼び出す。パラメータ$descriptionにはリクエストされた投稿タイプの説明が、$post_type_objにはリクエストされた投稿タイプ情報が格納されている。
return apply_filters( 'get_the_post_type_description', $description, $post_type_obj );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:43



お勧め

MOファイルを作ってみた(2018年7月25日 更新)

テーマやプラグインで使用するMOファイルはWindows環境では「Poedit」アプリを使うことが多かったが、最近では「GlotPress」のようなプラグインも増えてきており、選択肢は広がっている。定期的に開発環境を見直す過程で「Poedit」から「GlotPress」に切り替えようと思ったのだが、微妙にしっくりこなかった。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2018年5月27日 更新)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

初期化に関連するアクションのおさらい(2013年11月27日 更新)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2018年5月27日 更新)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2015年5月22日 更新)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。