get_the_posts_pagination

(4.1.0以降)
get_the_posts_pagination - アーカイブページ向けのページ番号ナビゲーションを取得する

説明

string get_the_posts_pagination( [ array $args = array() ] )
アーカイブページ向けのページ番号ナビゲーションを取得する。

パラメータ

  • $args
    パラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。主なキーは次の通り。
    キー意味省略時の値
    'mid_size'現在のページ部の表示件数1
    'prev_text'前ページリンクの表記__( 'Previous' )
    'next_text'次ページリンクの表記__( 'Next' )
    'screen_reader_text'ナビゲーションの見出し(h2タグの中身)__( 'Posts navigation' )

返り値

アーカイブページ向けのページ番号ナビゲーション(HTML)を返す。

注意

パラメータ$argspaginate_links関数に引き継がれるが、$args['type']で'array'が指定された場合のみ'plain'に書き換えられている。

新テーマのTwenty Fifteenのスタイルでは、'prev_text'と'next_text'で指定した表記は非表示となっている。

単純に前ページおよび次ページのナビゲーションを取得するget_the_posts_navigation関数もある。

使用例

  • アーカイブページ向けのページ番号ナビゲーションを取得する。
    <?php $nav = get_the_posts_pagination(); ?>
  • アーカイブページ向けのページ番号ナビゲーションを'mid_size'を3として取得する。
    <?php $nav = get_the_posts_pagination( array( 'mid_size' => 3 ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2014-12-25 10:24