get_the_tag_list

(2.3.0以降)
get_the_tag_list - 投稿記事の投稿タグの列挙した文字列を取得する

説明

string get_the_tag_list( [ string $before = '' [ , string $sep = '' [ , string $after = '' ] ] ] )
投稿記事の投稿タグ(リンク付き)の列挙した文字列を取得する。

パラメータ

  • $before
    投稿タグの前に付ける文字列を指定(省略時は'')。
  • $sep
    投稿タグを区切る文字列を指定(省略時は'')。
  • $after
    投稿タグの後に付ける文字列を指定(省略時は'')。

返り値

投稿タグの列挙した文字列を返す。

注意

1つの投稿タグは次のような文字列となる。
<a href="http://[ドメイン]/tag/[スラッグ]" rel="tag">[タグ名]</a>

使用例

  • カンマ区切りで投稿タグを列挙した文字列を取得する。
    <?php $list = get_the_tag_list( '', ',' ); ?>
  • ulタグ、liタグで投稿タグを列挙した文字列を取得する。
    <?php $list = get_the_tag_list( '<ul><li>', '</li><li>', '</li></ul>' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

最終更新日時 : 2011-04-22 17:49