get_the_tag_list

(2.3.0以降)
get_the_tag_list - 投稿記事の投稿タグの列挙した文字列を取得する

説明

string get_the_tag_list( [ string $before = '' [ , string $sep = '' [ , string $after = '' ] ] ] )
投稿記事の投稿タグ(リンク付き)の列挙した文字列を取得する。

パラメータ

  • $before
    投稿タグの前に付ける文字列を指定(省略時は'')。
  • $sep
    投稿タグを区切る文字列を指定(省略時は'')。
  • $after
    投稿タグの後に付ける文字列を指定(省略時は'')。

返り値

投稿タグの列挙した文字列を返す。

注意

1つの投稿タグは次のような文字列となる。
<a href="http://[ドメイン]/tag/[スラッグ]" rel="tag">[タグ名]</a>

使用例

  • カンマ区切りで投稿タグを列挙した文字列を取得する。
    <?php $list = get_the_tag_list( '', ',' ); ?>
  • ulタグ、liタグで投稿タグを列挙した文字列を取得する。
    <?php $list = get_the_tag_list( '<ul><li>', '</li><li>', '</li></ul>' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

最終更新日時 : 2011-04-22 17:49