get_the_title

(0.71以降)
get_the_title - タイトルを取得する

説明

string get_the_title( [ int $id = 0 ] )
投稿データのタイトルを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿データID。省略時は0となり、現在の投稿データを参照する。

返り値

タイトルの文字列を返す。

注意

特にありません。

使用例

  • タイトルを取得する。
    <?php $title = get_the_title( ); ?>

フィルター

投稿情報がパスワード保護されている場合にprotected_title_formatフィルターを実行する。パラメータにはパスワード保護のタイトルパターン文字が格納される。
$protected_title_format = apply_filters('protected_title_format', __('Protected: %s'));
投稿情報が非公開の場合にprivate_title_formatフィルターを実行する。パラメータには非公開のタイトルパターン文字が格納される。
$private_title_format = apply_filters('private_title_format', __('Private: %s'));
タイトルを返す前にthe_titleフィルターを実行する。パラメータ$titleには投稿タイトルが、本関数のパラメータ$idには投稿情報IDが格納される。
return apply_filters( 'the_title', $title, $id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2012-08-23 14:53