get_theme_file_path

(4.7.0以降)
get_theme_file_path - テーマ内にあるファイルのパス名を取得する

説明

string get_theme_file_path( string $file = '' )
テーマ内にあるファイルのパス名を取得する。

パラメータ

  • $file
    ファイル名を指定(省略時は'')。

返り値

テーマ内にあるファイルのパス名を返す。

注意

パラメータ$fileが''の場合は、get_stylesheet_directory関数で取得できるパス名が適用される(末尾に'/'は付かない)。
$fileが''以外の場合は、現在のテーマ内にそのファイルが存在するか調べ、存在する場合はそのファイルのパス名が適用される。現在のテーマが子テーマで現在のテーマ内にそのファイルが存在しない場合は、親テーマのファイルとみなし(存在確認はされない)そのパス名が適用される。

使用例

  • テーマがあるディレクトリのパス名を取得する。
    <?php $path = get_theme_file_path(); ?>
  • テーマ内にある「js/common.js」のパス名を取得する。
    <?php $path = get_theme_file_path( 'js/common.js' ); ?>

フィルター

[4.7.0]パス名を返す前に'theme_file_path'フィルターを呼び出す。パラメータ$pathには適用したパス名が、$fileには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'theme_file_path', $path, $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2017-04-05 09:59