get_theme_file_path

(4.7.0以降)
get_theme_file_path - テーマ内にあるファイルのパス名を取得する

説明

string get_theme_file_path( string $file = '' )
テーマ内にあるファイルのパス名を取得する。

パラメータ

  • $file
    ファイル名を指定(省略時は'')。

返り値

テーマ内にあるファイルのパス名を返す。

注意

パラメータ$fileが''の場合は、get_stylesheet_directory関数で取得できるパス名が適用される(末尾に'/'は付かない)。
$fileが''以外の場合は、現在のテーマ内にそのファイルが存在するか調べ、存在する場合はそのファイルのパス名が適用される。現在のテーマが子テーマで現在のテーマ内にそのファイルが存在しない場合は、親テーマのファイルとみなし(存在確認はされない)そのパス名が適用される。

使用例

  • テーマがあるディレクトリのパス名を取得する。
    <?php $path = get_theme_file_path(); ?>
  • テーマ内にある「js/common.js」のパス名を取得する。
    <?php $path = get_theme_file_path( 'js/common.js' ); ?>

フィルター

[4.7.0]パス名を返す前に'theme_file_path'フィルターを呼び出す。パラメータ$pathには適用したパス名が、$fileには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'theme_file_path', $path, $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

最終更新日時 : 2017-04-05 09:59