get_theme_file_uri

(4.7.0以降)
get_theme_file_uri - テーマ内にあるファイルのURIを取得する

説明

string get_theme_file_uri( string $file = '' )
テーマ内にあるファイルのURIを取得する。

パラメータ

  • $file
    ファイル名を指定(省略時は'')。

返り値

テーマ内にあるファイルのURIを返す。

注意

パラメータ$fileが''の場合は、get_stylesheet_directory_uri関数で取得できるURIが適用される(末尾に'/'は付かない)。
$fileが''以外の場合は、現在のテーマ内にそのファイルが存在するか調べ、存在する場合はそのファイルのURIが適用される。現在のテーマが子テーマで現在のテーマ内にそのファイルが存在しない場合は、親テーマのファイルとみなし(存在確認はされない)そのURIが適用される。

使用例

  • テーマのURIを取得する。
    <?php $uri = get_theme_file_uri(); ?>
  • テーマ内にあるcommon.jsのURIを取得する。
    <script type="text/javascript" src="<?php echo esc_url( get_theme_file_uri( 'js/common.js' ) ); ?>"></script>

フィルター

[4.7.0]URIを返す前に'theme_file_uri'フィルターを呼び出す。パラメータ$uriには適用したURIが、$fileには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'theme_file_uri', $url, $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

最終更新日時 : 2017-04-04 14:57