get_theme_file_uri

(4.7.0以降)
get_theme_file_uri - テーマ内にあるファイルのURIを取得する

説明

string get_theme_file_uri( string $file = '' )
テーマ内にあるファイルのURIを取得する。

パラメータ

  • $file
    ファイル名を指定(省略時は'')。

返り値

テーマ内にあるファイルのURIを返す。

注意

パラメータ$fileが''の場合は、get_stylesheet_directory_uri関数で取得できるURIが適用される(末尾に'/'は付かない)。
$fileが''以外の場合は、現在のテーマ内にそのファイルが存在するか調べ、存在する場合はそのファイルのURIが適用される。現在のテーマが子テーマで現在のテーマ内にそのファイルが存在しない場合は、親テーマのファイルとみなし(存在確認はされない)そのURIが適用される。

使用例

  • テーマのURIを取得する。
    <?php $uri = get_theme_file_uri(); ?>
  • テーマ内にあるcommon.jsのURIを取得する。
    <script type="text/javascript" src="<?php echo esc_url( get_theme_file_uri( 'js/common.js' ) ); ?>"></script>

フィルター

[4.7.0]URIを返す前に'theme_file_uri'フィルターを呼び出す。パラメータ$uriには適用したURIが、$fileには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'theme_file_uri', $url, $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2017-04-04 14:57