get_theme_mod

(2.1.0以降)
get_theme_mod - 現在のテーマ固有のプロパティ値を取得する

説明

string get_theme_mod( string $name [ , mixed $default = false ] )
現在のテーマ固有のプロパティ値を取得する。

パラメータ

  • $name
    プロパティ名を指定。
  • $default
    プロパティの値がない場合のデフォルト値を指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$nameで設定されているテーマ固有のプロパティ値を返す。パラメータ$nameのプロパティ値が設定されていない場合はパラメータ$defaultの値を返す。

注意

現在のテーマ固有のプロパティは、update_optionで 'theme_mods_$theme_slug' という名前($theme_slugは現在のテーマのスラッグ)で格納される。
パラメータ$nameのプロパティ値が設定されておらず、パラメータ$defaultの値に%sが含まれている場合は、1つ目の%sにget_template_directory_uriが、2つ目の%sにはget_stylesheet_directory_uriの値が適用される。

使用例

  • 現在のテーマ固有の'background_color'プロパティ値を取得する。
    <?php $bcolor = get_theme_mod( 'background_color', '000000' ); ?>

フィルター

設定されているプロパティ値を返す直前に theme_mod_$name フィルターを実行する。パラメータ$valueには設定されている値が格納されている。
return apply_filters( "theme_mod_$name", $value );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:08