get_theme_mod

(2.1.0以降)
get_theme_mod - 現在のテーマ固有のプロパティ値を取得する

説明

string get_theme_mod( string $name [ , mixed $default = false ] )
現在のテーマ固有のプロパティ値を取得する。

パラメータ

  • $name
    プロパティ名を指定。
  • $default
    プロパティの値がない場合のデフォルト値を指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$nameで設定されているテーマ固有のプロパティ値を返す。パラメータ$nameのプロパティ値が設定されていない場合はパラメータ$defaultの値を返す。

注意

現在のテーマ固有のプロパティは、update_optionで 'theme_mods_$theme_slug' という名前($theme_slugは現在のテーマのスラッグ)で格納される。
パラメータ$nameのプロパティ値が設定されておらず、パラメータ$defaultの値に%sが含まれている場合は、1つ目の%sにget_template_directory_uriが、2つ目の%sにはget_stylesheet_directory_uriの値が適用される。

使用例

  • 現在のテーマ固有の'background_color'プロパティ値を取得する。
    <?php $bcolor = get_theme_mod( 'background_color', '000000' ); ?>

フィルター

設定されているプロパティ値を返す直前に theme_mod_$name フィルターを実行する。パラメータ$valueには設定されている値が格納されている。
return apply_filters( "theme_mod_$name", $value );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:08