get_transient

説明

mixed get_transient( string $transient )
トランジェントの値を取得する。

パラメータ

  • $transient
    トランジェント名(172文字以下)を指定。

返り値

パラメータ$transientのトランジェント値を返す。


注意

本関数は set_transient関数によって一時的または永続的に保持しているデータを取得する。


使用例

  • トランジェントの値を取得する。
    <?php $value = get_transient( 'myplugin_data' ); ?>

フィルター

[2.8.0]はじめに"pre_transient_{$transient}"フィルターを呼び出す。パラメータ$pre_transientにはfalseが格納されている。4.4.0以降の場合、$transienには本関数が受け取った内容が格納されている。このフィルターでfalse以外の値を返すと、トランジェントの値は取得されず、その値が本関数の返り値となる。
$pre = apply_filters( "pre_transient_{$transient}", $pre_transient, $transient );
[2.8.0]取得したトランジェントの値を返す前に"transient_{$transient}"フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには取得した値が格納されている。4.4.0以降の場合、$transientには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( "transient_{$transient}", $value, $transient );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

最終更新 : 2019年04月23日 17:45



お勧め

ログアウト後はいつもサイトトップ(2018年5月27日 更新)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

LevelとCapability(2018年5月27日 更新)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

個人データのエクスポートメール向けに追加された新フィルター(2020年4月2日 更新)

先週「WordPress 5.4 RC3」が公開され、正式リリースまであと1週間。ブロックエディターの機能強化が目立つわけですが、地味な変更点もちらほらと。今回はその中の1つ、「個人データのエクスポート」機能に関連するフィルターを紹介する。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2018年5月27日 更新)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月14日 更新)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。