get_uploaded_header_images

(3.2.0以降)
get_uploaded_header_images - アップロードしたヘッダ用イメージを取得する

説明

array get_uploaded_header_images( )
アップロードしたヘッダ用イメージを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

アップロードされているヘッダ用イメージ情報の配列を返す。アップロードしているヘッダ用イメージがない場合は空の配列を返す。ヘッダ用イメージ情報は次のような連想配列となる。
キー名内容
urlイメージのURL
thumbnail_urlサムネイルイメージのURL(urlの値と同じ)
uploadedアップロードされたイメージを示す(必ずtrue)

注意

イメージのURLはエスケープ済み。 アップロードしたヘッダ用イメージは、投稿記事の添付画像と同様で投稿タイプは'attachment'となり、さらにカスタムフィールド(メタキー)として'_wp_attachment_is_custom_header'が設定されている。

使用例

  • アップロードしたヘッダ用イメージを取得する。
    <?php $images = get_uploaded_header_images( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2011-07-05 19:49