get_uploaded_header_images

(3.2.0以降)
get_uploaded_header_images - アップロードしたヘッダ用イメージを取得する

説明

array get_uploaded_header_images( )
アップロードしたヘッダ用イメージを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

アップロードされているヘッダ用イメージ情報の配列を返す。アップロードしているヘッダ用イメージがない場合は空の配列を返す。ヘッダ用イメージ情報は次のような連想配列となる。
キー名内容
urlイメージのURL
thumbnail_urlサムネイルイメージのURL(urlの値と同じ)
uploadedアップロードされたイメージを示す(必ずtrue)

注意

イメージのURLはエスケープ済み。 アップロードしたヘッダ用イメージは、投稿記事の添付画像と同様で投稿タイプは'attachment'となり、さらにカスタムフィールド(メタキー)として'_wp_attachment_is_custom_header'が設定されている。

使用例

  • アップロードしたヘッダ用イメージを取得する。
    <?php $images = get_uploaded_header_images( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2011-07-05 19:49