get_uploaded_header_images

(3.2.0以降)
get_uploaded_header_images - アップロードしたヘッダ用イメージを取得する

説明

array get_uploaded_header_images( )
アップロードしたヘッダ用イメージを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

アップロードされているヘッダ用イメージ情報の配列を返す。アップロードしているヘッダ用イメージがない場合は空の配列を返す。ヘッダ用イメージ情報は次のような連想配列となる。
キー名内容
urlイメージのURL
thumbnail_urlサムネイルイメージのURL(urlの値と同じ)
uploadedアップロードされたイメージを示す(必ずtrue)

注意

イメージのURLはエスケープ済み。 アップロードしたヘッダ用イメージは、投稿記事の添付画像と同様で投稿タイプは'attachment'となり、さらにカスタムフィールド(メタキー)として'_wp_attachment_is_custom_header'が設定されている。

使用例

  • アップロードしたヘッダ用イメージを取得する。
    <?php $images = get_uploaded_header_images( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2011-07-05 19:49