get_url_in_content

(3.6.0以降)
get_url_in_content - aタグのURLを抜き出す

説明

mixed get_url_in_content( string $content )
文字列の中に含まれるaタグのURLを抜き出す。

パラメータ

  • $content
    文字列を指定。

返り値

パラメータ$contentにaタグのhref属性の値を返す。aタグのhref属性がなかった場合はfalseを、パラメータ$contentが「空」の場合は''を返す。

注意

最初に見つかったhref属性を持つaタグがURLの抽出対象になる。該当するaタグが複数あっても全部取得できるわけではないので、その点は注意かも。
URLはesc_url_raw関数によってエスケープ処理されたものになる。

使用例

  • 変数$textのaタグのURLを抜き出す。
    <?php $url = get_url_in_content( $text ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • esc_url_raw - URL文字列をデータベース向けにクリーニングする

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2013-08-02 10:18