get_user_by

(2.8.0以降)
get_user_by - ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する

説明

mixed get_user_by( string $field, mixed $value )
ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

パラメータ

  • $field
    ユーザ情報のフィールド名。
    フィールド名意味
    idユーザID
    [4.4.0]IDユーザID
    loginログイン名
    slugユーザのスラッグ
    emailメールアドレス
  • $value
    検索するフィールドの値として数値または文字列を指定。

返り値

パラメータ$field$valueで指定されたユーザにマッチするユーザ情報(オブジェクト)を返す。$fieldが無効な値か、該当するユーザが存在しない場合はfalseを返す。ユーザ情報の内容は、get_userdata関数を参照。

注意

パラメータ$fieldが'id'で検索する場合、内部ではget_userdata関数を使用する。

[4.4.0]パラメータ$fieldに'ID'が指定できるようになった。意味は'id'と同じ。

使用例

  • ログイン名が'editor'のユーザ情報を取得する。
    <?php $user_data = get_user_by( 'login', 'editor' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2016-12-16 15:08