get_user_by

説明

mixed get_user_by( string $field, mixed $value )
ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

パラメータ

  • $field
    ユーザ情報のフィールド名。
    フィールド名意味
    idユーザID
    [4.4.0]IDユーザID
    loginログイン名
    slugユーザのスラッグ
    emailメールアドレス
  • $value
    検索するフィールドの値として数値または文字列を指定。

返り値

パラメータ$field$valueで指定されたユーザにマッチするユーザ情報(オブジェクト)を返す。$fieldが無効な値か、該当するユーザが存在しない場合はfalseを返す。ユーザ情報の内容は、 get_userdata関数を参照。

注意

パラメータ$fieldが'id'で検索する場合、内部ではget_userdata関数を使用する。

[4.4.0]パラメータ$fieldに'ID'が指定できるようになった。意味は'id'と同じ。


使用例

  • ログイン名が'editor'のユーザ情報を取得する。
    <?php $user_data = get_user_by( 'login', 'editor' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:51



お勧め

Gutenberg、「新規追加」に難あり(2018年10月25日 更新)

昨日公開した「Gutenberg、初見です」で自作プラグインの「複製」機能が正しく動作していないことについて軽く触れた。該当するプラグインを修正するにしても原因がはっきりしないと手の打ちようがない。そんなわけで、不具合の原因を調べてみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 更新)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2018年5月27日 更新)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 更新)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 更新)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、 query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。