get_user_by

(2.8.0以降)
get_user_by - ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する

説明

mixed get_user_by( string $field, mixed $value )
ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

パラメータ

  • $field
    ユーザ情報のフィールド名。
    フィールド名意味
    idユーザID
    [4.4.0]IDユーザID
    loginログイン名
    slugユーザのスラッグ
    emailメールアドレス
  • $value
    検索するフィールドの値として数値または文字列を指定。

返り値

パラメータ$field$valueで指定されたユーザにマッチするユーザ情報(オブジェクト)を返す。$fieldが無効な値か、該当するユーザが存在しない場合はfalseを返す。ユーザ情報の内容は、get_userdata関数を参照。

注意

パラメータ$fieldが'id'で検索する場合、内部ではget_userdata関数を使用する。

[4.4.0]パラメータ$fieldに'ID'が指定できるようになった。意味は'id'と同じ。

使用例

  • ログイン名が'editor'のユーザ情報を取得する。
    <?php $user_data = get_user_by( 'login', 'editor' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

最終更新日時 : 2016-12-16 15:08