get_user_by_email

(2.5以降)
get_user_by_email - メールアドレスを指定し、マッチするユーザ情報を取得する

説明

mixed get_user_by_email( string $email )
メールアドレスを指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

パラメータ

  • $email
    メールアドレスを指定。

返り値

パラメータ$emailで指定されたメールアドレスのユーザ情報(オブジェクト)を返す。$emailに該当するユーザが存在しない場合はfalseを返す。ユーザ情報の内容は、get_userdata関数を参照。

注意

WordPress 2.8以降、この関数内ではget_user_by関数を呼び出し、その結果を返している。

使用例

  • 'tester@example.com'にマッチするユーザ情報を取得する。
    <?php $testuser = get_user_by_email( 'tester@example.com' ); ?>

関連

  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • get_user_by - ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2011-09-29 19:57