get_user_by_email

(2.5以降)
get_user_by_email - メールアドレスを指定し、マッチするユーザ情報を取得する

説明

mixed get_user_by_email( string $email )
メールアドレスを指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

パラメータ

  • $email
    メールアドレスを指定。

返り値

パラメータ$emailで指定されたメールアドレスのユーザ情報(オブジェクト)を返す。$emailに該当するユーザが存在しない場合はfalseを返す。ユーザ情報の内容は、get_userdata関数を参照。

注意

WordPress 2.8以降、この関数内ではget_user_by関数を呼び出し、その結果を返している。

使用例

  • 'tester@example.com'にマッチするユーザ情報を取得する。
    <?php $testuser = get_user_by_email( 'tester@example.com' ); ?>

関連

  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • get_user_by - ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する

お勧めコンテンツ

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

最終更新日時 : 2011-09-29 19:57