get_user_meta

(3.0.0以降)
get_user_meta - ユーザメタ情報を取得する

説明

mixed get_user_meta( int $user_id [ , string $key = '' [ , bool $single = false ] ] )
ユーザメタ情報(拡張情報)を取得する。

パラメータ

  • $user_id
    ユーザIDを指定。
  • $key
    メタ情報の名前を指定(省略時は'')。
  • $single
    単一のカスタムフィールドの値を取得する場合はtrue、複数のカスタムフィールドの値を取得する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$singleがtrueの場合は、ユーザメタ情報にパラメータ$keyの名前で登録されている1番目のメタ情報の値を文字列として返す。パラメータ$singleがfalseの場合は、ユーザメタ情報にパラメータ$keyの名前で登録されているすべてのメタ情報の値を配列で返す。

注意

ユーザメタ情報が設定されてない場合、返り値は空文字列になる。

使用例

  • 'profile'という名前のユーザメタ情報の値を取得する。
    <?php $keywords = get_user_meta( $user->ID , 'profile' , true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33