get_user_meta

(3.0.0以降)
get_user_meta - ユーザメタ情報を取得する

説明

mixed get_user_meta( int $user_id [ , string $key = '' [ , bool $single = false ] ] )
ユーザメタ情報(拡張情報)を取得する。

パラメータ

  • $user_id
    ユーザIDを指定。
  • $key
    メタ情報の名前を指定(省略時は'')。
  • $single
    単一のカスタムフィールドの値を取得する場合はtrue、複数のカスタムフィールドの値を取得する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$singleがtrueの場合は、ユーザメタ情報にパラメータ$keyの名前で登録されている1番目のメタ情報の値を文字列として返す。パラメータ$singleがfalseの場合は、ユーザメタ情報にパラメータ$keyの名前で登録されているすべてのメタ情報の値を配列で返す。

注意

ユーザメタ情報が設定されてない場合、返り値は空文字列になる。

使用例

  • 'profile'という名前のユーザメタ情報の値を取得する。
    <?php $keywords = get_user_meta( $user->ID , 'profile' , true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33