get_user_option

(2.0.0以降)
get_user_option - ユーザプロフィール情報を取得する

説明

mixed get_user_option( string $option [ , int $user = 0 [ , mixed $deprecated = '' ] ] )
ユーザオプション(プロフィール)情報を取得する。

パラメータ

  • $option
    オプション名を指定。
  • $user
    ユーザIDを指定(省略時は0)。
  • $deprecated
    3.0でdeprecatedに(使用は推奨されない)。

返り値

パラメータ$optionに応じた設定値を返す。オプション名が無効な場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$userを省略した場合は、wp_get_current_user関数を使って現在のユーザが適用される。

使用例

  • 現在のユーザの「ビジュアルリッチエディターを使用しない」がチェックされているか取得する。
    <?php $option = get_user_option( 'rich_editing' ); >
  • ユーザIDが3の「ブログ上の表示名」を取得する。
    <?php $name = get_user_option( 'display_name', 3 ); >

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2012-09-16 15:47