get_user_option

(2.0.0以降)
get_user_option - ユーザプロフィール情報を取得する

説明

mixed get_user_option( string $option [ , int $user = 0 [ , mixed $deprecated = '' ] ] )
ユーザオプション(プロフィール)情報を取得する。

パラメータ

  • $option
    オプション名を指定。
  • $user
    ユーザIDを指定(省略時は0)。
  • $deprecated
    3.0でdeprecatedに(使用は推奨されない)。

返り値

パラメータ$optionに応じた設定値を返す。オプション名が無効な場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$userを省略した場合は、wp_get_current_user関数を使って現在のユーザが適用される。

使用例

  • 現在のユーザの「ビジュアルリッチエディターを使用しない」がチェックされているか取得する。
    <?php $option = get_user_option( 'rich_editing' ); >
  • ユーザIDが3の「ブログ上の表示名」を取得する。
    <?php $name = get_user_option( 'display_name', 3 ); >

関連

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2012-09-16 15:47