get_userdatabylogin

(0.71以降)
get_userdatabylogin - ユーザ情報を取得する

説明

mixed get_userdatabylogin( string $user_login )
ログイン名からユーザ情報を取得する。

パラメータ

  • $user_login
    ログイン名を指定。

返り値

ユーザ情報を取得できた場合はそのオブジェクト、取得できなかった場合はfalseを返す。オブジェクトのプロパティはWordPressとWordPress MUでは異なる。主なプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
IDintユーザID
user_loginstringユーザ名
user_passstringパスワード(暗号化済み)
user_nicenamestring 
user_emailstring連絡先情報:メールアドレス
user_urlstring連絡先情報:ウェブサイト
user_registeredstring登録日時
user_activation_keystring 
user_statusintステータス
display_namestringブログ上の表示名
nicknamestringニックネーム
rich_editingboolビジュアルリッチエディターの使用する
comment_shortcutsboolコメント認証用のキーボードショートカットを有効にする
admin_colorstring管理者画面の配色('classic'、'fresh')
user_levelintユーザレベル

注意

ユーザ情報にはパスワードが含まれており、取り扱い注意。

使用例

  • ログイン名'taro'のユーザ情報を取得する。
    <?php $user_data = get_userdatabylogin( 'taro' ); ?>

関連

  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • get_user_by - ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • username_exists - ユーザが登録されているか確認する

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2010-10-27 16:40