get_users

(3.1.0以降)
get_users - ユーザー情報を取得する

説明

array get_users( [ array $args = array() ] )
ユーザー情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    絞り込み条件を連想配列で指定する(省略時は、array())。
    キー名意味値の例
    blog_idブログIDを指定1
    roleロール('administrator'、'editor'、'author'、'contributor'、'subscriber'など)を指定'administrator'
    meta_keyユーザーメタ情報のキー名を指定'wp_user_level'
    meta_valueユーザーメタ情報の値を指定5
    meta_compareユーザーメタ情報の比較情景('<'、'>'、'='、'!='など)を指定'<'
    include取得するユーザーIDを配列で指定array(1,2)
    exclude除外するユーザーIDを配列で指定array(0)
    search検索キーワードを指定(キーワードの前後に'*'指定可)'ad*'
    search_columns検索項目('ID'、'user_login'、'user_email'、'user_url'、'user_nicename'のいずれか)を指定'display_name''search'で指定した値により異なる
    orderbyソート対象の項目名を指定(省略時は'user_login')'user_nicename'
    orderソート順として'ASC'または'DESC'を指定(省略時は'DESC')'ASC'
    offset取得位置を指定(number省略時は無効)10
    number取得件数を指定5
    fields取得する項目を配列で指定(省略時はすべて)array( 'ID', 'display_name' )
    who'authors'以外は無効'authors'

返り値

条件にマッチしたユーザー情報(オブジェクト)の配列を返す。ユーザー情報は次の通り。
項目名意味
IDユーザーID
user_loginログイン名
user_passログインパスワードのハッシュ値
user_nicenameユーザー名
user_emailメールアドレス
user_urlホームページURL
user_registered登録日時
user_activation_keyアクティベーションキー
user_statusステータス
spamスパムフラグ
deleted削除フラグ

注意

内部ではWP_User_Queryクラスを利用してユーザー情報を取得している。

使用例

  • すべてのユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users(); ?>
  • 表示名が'ad'から始まるユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'search' => 'ad*', 'search_columns' => 'display_name' ); ?>
  • 11件目から5件のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'offset' => 10, 'number' => 5 ); ?>
  • 一部(ここではID、メールアドレス、表示名)のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'fields' => array( 'ID','user_email','display_name' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2017-11-27 11:09