get_users

説明

array get_users( [ array $args = array() ] )
ユーザー情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    絞り込み条件を連想配列で指定する(省略時は、array())。
    キー名意味値の例
    blog_idブログIDを指定1
    roleロール('administrator'、'editor'、'author'、'contributor'、'subscriber'など)を指定'administrator'
    meta_keyユーザーメタ情報のキー名を指定'wp_user_level'
    meta_valueユーザーメタ情報の値を指定5
    meta_compareユーザーメタ情報の比較情景('<'、'>'、'='、'!='など)を指定'<'
    include取得するユーザーIDを配列で指定array(1,2)
    exclude除外するユーザーIDを配列で指定array(0)
    search検索キーワードを指定(キーワードの前後に'*'指定可)'ad*'
    search_columns検索項目('ID'、'user_login'、'user_email'、'user_url'、'user_nicename'のいずれか)を指定'display_name''search'で指定した値により異なる
    orderbyソート対象の項目名を指定(省略時は'user_login')'user_nicename'
    orderソート順として'ASC'または'DESC'を指定(省略時は'DESC')'ASC'
    offset取得位置を指定(number省略時は無効)10
    number取得件数を指定5
    fields取得する項目を配列で指定(省略時はすべて)array( 'ID', 'display_name' )
    who'authors'以外は無効'authors'

返り値

条件にマッチしたユーザー情報(オブジェクト)の配列を返す。ユーザー情報は次の通り。
項目名意味
IDユーザーID
user_loginログイン名
user_passログインパスワードのハッシュ値
user_nicenameユーザー名
user_emailメールアドレス
user_urlホームページURL
user_registered登録日時
user_activation_keyアクティベーションキー
user_statusステータス
spamスパムフラグ
deleted削除フラグ

注意

内部ではWP_User_Queryクラスを利用してユーザー情報を取得している。

使用例

  • すべてのユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users(); ?>
  • 表示名が'ad'から始まるユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'search' => 'ad*', 'search_columns' => 'display_name' ); ?>
  • 11件目から5件のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'offset' => 10, 'number' => 5 ); ?>
  • 一部(ここではID、メールアドレス、表示名)のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'fields' => array( 'ID','user_email','display_name' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

最終更新 : 2017年11月27日 11:09



お勧め

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 更新)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2018年5月27日 更新)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 更新)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 更新)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。