get_users

(3.1.0以降)
get_users - ユーザー情報を取得する

説明

array get_users( [ array $args = array() ] )
ユーザー情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    絞り込み条件を連想配列で指定する(省略時は、array())。
    キー名意味値の例
    blog_idブログIDを指定1
    roleロール('administrator'、'editor'、'author'、'contributor'、'subscriber'など)を指定'administrator'
    meta_keyユーザーメタ情報のキー名を指定'wp_user_level'
    meta_valueユーザーメタ情報の値を指定5
    meta_compareユーザーメタ情報の比較情景('<'、'>'、'='、'!='など)を指定'<'
    include取得するユーザーIDを配列で指定array(1,2)
    exclude除外するユーザーIDを配列で指定array(0)
    search検索キーワードを指定(キーワードの前後に'*'指定可)'ad*'
    search_columns検索項目('ID'、'user_login'、'user_email'、'user_url'、'user_nicename'のいずれか)を指定'display_name''search'で指定した値により異なる
    orderbyソート対象の項目名を指定(省略時は'user_login')'user_nicename'
    orderソート順として'ASC'または'DESC'を指定(省略時は'DESC')'ASC'
    offset取得位置を指定(number省略時は無効)10
    number取得件数を指定5
    fields取得する項目を配列で指定(省略時はすべて)array( 'ID', 'display_name' )
    who'authors'以外は無効'authors'

返り値

条件にマッチしたユーザー情報(オブジェクト)の配列を返す。ユーザー情報は次の通り。
項目名意味
IDユーザーID
user_loginログイン名
user_passログインパスワードのハッシュ値
user_nicenameユーザー名
user_emailメールアドレス
user_urlホームページURL
user_registered登録日時
user_activation_keyアクティベーションキー
user_statusステータス
spamスパムフラグ
deleted削除フラグ

注意

内部ではWP_User_Queryクラスを利用してユーザー情報を取得している。

使用例

  • すべてのユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users(); ?>
  • 表示名が'ad'から始まるユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'search' => 'ad*', 'search_columns' => 'display_name' ); ?>
  • 11件目から5件のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'offset' => 10, 'number' => 5 ); ?>
  • 一部(ここではID、メールアドレス、表示名)のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'fields' => array( 'ID','user_email','display_name' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2014-05-22 14:15