get_users

(3.1.0以降)
get_users - ユーザー情報を取得する

説明

array get_users( [ array $args = array() ] )
ユーザー情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    絞り込み条件を連想配列で指定する(省略時は、array())。
    キー名意味値の例
    blog_idブログIDを指定1
    roleロール('administrator'、'editor'、'author'、'contributor'、'subscriber'など)を指定'administrator'
    meta_keyユーザーメタ情報のキー名を指定'wp_user_level'
    meta_valueユーザーメタ情報の値を指定5
    meta_compareユーザーメタ情報の比較情景('<'、'>'、'='、'!='など)を指定'<'
    include取得するユーザーIDを配列で指定array(1,2)
    exclude除外するユーザーIDを配列で指定array(0)
    search検索キーワードを指定(キーワードの前後に'*'指定可)'ad*'
    search_columns検索項目('ID'、'user_login'、'user_email'、'user_url'、'user_nicename'のいずれか)を指定'display_name''search'で指定した値により異なる
    orderbyソート対象の項目名を指定(省略時は'user_login')'user_nicename'
    orderソート順として'ASC'または'DESC'を指定(省略時は'DESC')'ASC'
    offset取得位置を指定(number省略時は無効)10
    number取得件数を指定5
    fields取得する項目を配列で指定(省略時はすべて)array( 'ID', 'display_name' )
    who'authors'以外は無効'authors'

返り値

条件にマッチしたユーザー情報(オブジェクト)の配列を返す。ユーザー情報は次の通り。
項目名意味
IDユーザーID
user_loginログイン名
user_passログインパスワードのハッシュ値
user_nicenameユーザー名
user_emailメールアドレス
user_urlホームページURL
user_registered登録日時
user_activation_keyアクティベーションキー
user_statusステータス
spamスパムフラグ
deleted削除フラグ

注意

内部ではWP_User_Queryクラスを利用してユーザー情報を取得している。

使用例

  • すべてのユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users(); ?>
  • 表示名が'ad'から始まるユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'search' => 'ad*', 'search_columns' => 'display_name' ); ?>
  • 11件目から5件のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'offset' => 10, 'number' => 5 ); ?>
  • 一部(ここではID、メールアドレス、表示名)のユーザー情報を取得する。
    <?php $users = get_users( array( 'fields' => array( 'ID','user_email','display_name' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2014-05-22 14:15