get_wp_title_rss

(2.2.0以降)
get_wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを取得する

説明

string get_wp_title_rss( [ string $sep = '»' ] )
フィード向けのページタイトルを取得する。

パラメータ

  • $sep
    区切り文字を指定(省略時は'»')。

返り値

ページタイトルを返す。

注意

本関数はwp_title_rss関数から呼び出される。関数内部ではwp_title関数を呼び出してページタイトルを取得している。

使用例

  • フィード向けのページタイトルを取得する。
    <?php $title = get_wp_title_rss(); ?>
  • フィード向けのページタイトルを区切り文字'|'を指定して取得する。
    <?php $title = get_wp_title_rss( '|' ); ?>

フィルター

ページタイトルを返す直前に'get_wp_title_rss'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleにはページタイトルが、$sepには本関数が受け取った値となる。
$title = apply_filters( 'get_wp_title_rss', $title, $sep );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

関連

  • wp_title - ページタイトルを表示する
  • wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを出力する

お勧めコンテンツ

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

最終更新日時 : 2014-04-10 13:00