get_wp_title_rss

(2.2.0以降)
get_wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを取得する

説明

string get_wp_title_rss( [ string $sep = '»' ] )
フィード向けのページタイトルを取得する。

パラメータ

  • $sep
    区切り文字を指定(省略時は'»')。

返り値

ページタイトルを返す。

注意

本関数はwp_title_rss関数から呼び出される。関数内部ではwp_title関数を呼び出してページタイトルを取得している。

使用例

  • フィード向けのページタイトルを取得する。
    <?php $title = get_wp_title_rss(); ?>
  • フィード向けのページタイトルを区切り文字'|'を指定して取得する。
    <?php $title = get_wp_title_rss( '|' ); ?>

フィルター

ページタイトルを返す直前に'get_wp_title_rss'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleにはページタイトルが、$sepには本関数が受け取った値となる。
$title = apply_filters( 'get_wp_title_rss', $title, $sep );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

関連

  • wp_title - ページタイトルを表示する
  • wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを出力する

お勧めコンテンツ

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-04-10 13:00