get_year_link

(1.5.0以降)
get_year_link - 年アーカイブのURLを取得する

説明

string get_year_link( mixed $year )
年アーカイブのURLを取得する。

パラメータ

  • $year
    年を数値で指定(falseを指定する場合は現在の年となる)。

返り値

年アーカイブのURLを返す。

注意

通常、年アーカイブのURLパターンは、"/%year%/"となる。

使用例

  • 現在の年のリンクを取得する。
    <?php $url = get_year_link( false ); ?>
  • 2011年のリンクを取得する。
    <?php $url = get_year_link( 2011 ); ?>

フィルター

URLを返す直前にyear_linkフィルターを実行する。$urlにはリンク先URLとなり、$yearは対象の年の値が格納される。
return apply_filters('year_link', $url, $year);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_day_link - 日アーカイブのURLを取得する
  • get_month_link - 月アーカイブのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

最終更新日時 : 2012-02-02 13:57