has_action

(1.2.0以降)
has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる

説明

mixed has_action( $tag, [ mixed $function_to_check = false ] )
WordPressタグにアクションが登録されているか調べる。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_check
    アクション関数を示す名前(文字列)または配列

返り値

登録されているアクション関数のプライオリティ値を返す。登録されていない場合はfalseを返す。

注意

現状のWordPress内部ではアクションとフィルターは同じ扱いになっており、この関数の内部ではhas_filter関数にパラメータを引き継ぎ、アクションの有無を調べている。

使用例

  • WordPressタグ'wp_head'にアクション'wp_generator'が登録されているか調べる。
    <?php if ( has_action( 'wp_head', 'wp_generator' ) ) : ;>

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • did_action - アクションが実行済みか調べる
  • has_filter - WordPressタグにフィルターが登録されているか調べる
  • remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する

お勧めコンテンツ

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2011-02-18 16:15