has_block

説明

bool has_block( string $block_type [ , mixed $post = null ] )
投稿ブロックが含まれているか調べる。

パラメータ

  • $block_type
    ブロックタイプ名を指定。
  • $post
    投稿ID、投稿情報または投稿本文を指定(省略時null)。

返り値

パラメータ$block_typeで指定されたブロックが含まれている場合はtrueを返す。それ以外はfalseを返す。


注意

ブロックエディターの各ブロックは次のようなコメントで囲まれており、「wp:」の後に続く単語がブロックタイプ名となる。

<!-- wp:paragraph -->
<p>Hello</p>
<!-- /wp:paragraph -->

使用例

  • 現在の投稿情報に投稿ブロックが含まれているか調べる。
    <?php if ( has_block( 'paragraph' ) ) : ?>
  • 投稿本文を格納した変数$contentに投稿ブロックが含まれているか調べる。
    <?php if ( has_block( 'paragraph', $content ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/blocks.php

最終更新 : 2018年12月13日 16:34



お勧め

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2018年5月27日 更新)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 更新)

ログイン関係を調べている関係で、 wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

dashiconsの一覧表(2019年4月26日 更新)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

ブロックエディターのタグ入力にタグクラウド機能を追加した(2019年1月10日 更新)

ブロックエディターのタグ入力には「よく使われているタグから選択」から表示される「タグクラウド」がない。ブロックエディターの不満なところのひとつがこれであり、うまく解消することができないか考えてみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 更新)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。