has_category

(3.1.0以降)
has_category - 投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる

説明

bool has_category( [ mixed $category = '' [ , mixed $post = null ] ] )
投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる。

パラメータ

  • $category
    カテゴリーのID、名前、スラッグか、それらの配列を指定(省略時は'')。
  • $post
    投稿IDか投稿情報のオブジェクトを指定(省略時はnull)。

返り値

パラメータ$postで指定された投稿情報がパラメータ$categoryで指定されたカテゴリーに属している場合はtrue、属していない場合はfalseを返す。

注意

すぐにhas_term関数を呼び出す。

使用例

  • 現在の投稿記事が「ニュース」カテゴリーに属しているか調べる。
    <?php if ( has_category( 'ニュース' ) ) : ?>
  • 投稿IDが10の投稿記事が「東京」「神奈川」カテゴリーのどちらかに属しているか調べる。
    <?php if ( has_category( array( '東京', '神奈川' ), 10 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • has_tag - 投稿記事に投稿タグが付属しているか調べる
  • has_term - 投稿記事にタクソノミーが付属しているか調べる
  • in_category - 投稿情報のカテゴリーを調べる

お勧めコンテンツ

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2012-01-17 17:21