has_category

(3.1.0以降)
has_category - 投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる

説明

bool has_category( [ mixed $category = '' [ , mixed $post = null ] ] )
投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる。

パラメータ

  • $category
    カテゴリーのID、名前、スラッグか、それらの配列を指定(省略時は'')。
  • $post
    投稿IDか投稿情報のオブジェクトを指定(省略時はnull)。

返り値

パラメータ$postで指定された投稿情報がパラメータ$categoryで指定されたカテゴリーに属している場合はtrue、属していない場合はfalseを返す。

注意

すぐにhas_term関数を呼び出す。

使用例

  • 現在の投稿記事が「ニュース」カテゴリーに属しているか調べる。
    <?php if ( has_category( 'ニュース' ) ) : ?>
  • 投稿IDが10の投稿記事が「東京」「神奈川」カテゴリーのどちらかに属しているか調べる。
    <?php if ( has_category( array( '東京', '神奈川' ), 10 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • has_tag - 投稿記事に投稿タグが付属しているか調べる
  • has_term - 投稿記事にタクソノミーが付属しているか調べる
  • in_category - 投稿情報のカテゴリーを調べる

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2012-01-17 17:21