has_custom_logo

(4.5.0以降)
has_custom_logo - カスタムロゴが設定されているか調べる

説明

bool has_custom_logo( [ int $blog_id = 0 ] )
カスタムロゴが設定されているか調べる。

パラメータ

  • $blog_id
    ブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムロゴが設定されている場合はtrueを、設定されていない場合はfalseを返す。

注意

カスタムロゴのメディアIDはget_theme_mod(パラメータ'custom_logo')で取得できる。

マルチサイトに対応しており、現在のブログ以外の場合はそのブログIDをパラメータに指定する。

使用例

  • 現在のブログにカスタムロゴが設定されているか調べる。
    <?php if ( has_custom_logo() ) : ?>
  • プログIDが2のブログにカスタムロゴが設定されているか調べる。
    <?php if ( has_custom_logo( 2 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:08