has_post_format

(3.1.0以降)
has_post_format - 投稿に投稿フォーマットが設定されているか調べる

説明

bool has_post_format( string $format [ , mixed $post = null ] )
投稿に投稿フォーマットが設定されているか調べる。

パラメータ

  • $format
    投稿フォーマットのスラッグを指定。
  • $post
    投稿情報のオブジェクトまたはIDを指定(省略時はnull)。

返り値

パラメータ$formatで指定された投稿フォーマットが投稿情報に設定されている場合はtrue、設定されていない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$postがnull(省略時)の場合、現在の投稿情報を調べる。

使用例

  • 現在の投稿が'aside'か調べる。
    <?php if ( has_post_format( 'aside' ) ) : ?>
  • $post_idで指定した投稿が'image'か調べる。
    <?php if ( has_post_format( 'image', $post_id ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2011-09-11 21:50