has_post_thumbnail

(2.9.0以降)
has_post_thumbnail - 投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる

説明

bool has_post_thumbnail( [ int $post_id = null ] )
投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿記事のIDを指定(省略時はnull)。

返り値

投稿記事にアイキャッチ画像が指定されている場合はtrue、指定されていない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$post_idが省略された場合は、現在の投稿記事のアイキャッチ画像を調べ、その結果を返している。機能としてはget_post_thumbnail_id関数とほぼ同じで、アイキャッチ画像のIDをそのまま返すか、IDの有無を返すかが違っている。
なお、以下に示すadd_theme_support関数にてテーマがアイキャッチ画像をサポートしていないと本関数を含めアイキャッチ画像関連関数は未定義となるので、注意が必要である。
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

使用例

  • 現在の投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。
    <?php if ( has_post_thumbnail() ) : ?>
  • IDが10の投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。
    <?php if ( has_post_thumbnail( 10 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-thumbnail-template.php

関連

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2012-03-10 20:53