has_post_thumbnail

(2.9.0以降)
has_post_thumbnail - 投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる

説明

bool has_post_thumbnail( [ int $post_id = null ] )
投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿記事のIDを指定(省略時はnull)。

返り値

投稿記事にアイキャッチ画像が指定されている場合はtrue、指定されていない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$post_idが省略された場合は、現在の投稿記事のアイキャッチ画像を調べ、その結果を返している。機能としてはget_post_thumbnail_id関数とほぼ同じで、アイキャッチ画像のIDをそのまま返すか、IDの有無を返すかが違っている。
なお、以下に示すadd_theme_support関数にてテーマがアイキャッチ画像をサポートしていないと本関数を含めアイキャッチ画像関連関数は未定義となるので、注意が必要である。
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

使用例

  • 現在の投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。
    <?php if ( has_post_thumbnail() ) : ?>
  • IDが10の投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。
    <?php if ( has_post_thumbnail( 10 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-thumbnail-template.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

最終更新日時 : 2012-03-10 20:53