has_post_thumbnail

(2.9.0以降)
has_post_thumbnail - 投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる

説明

bool has_post_thumbnail( [ int $post_id = null ] )
投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿記事のIDを指定(省略時はnull)。

返り値

投稿記事にアイキャッチ画像が指定されている場合はtrue、指定されていない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$post_idが省略された場合は、現在の投稿記事のアイキャッチ画像を調べ、その結果を返している。機能としてはget_post_thumbnail_id関数とほぼ同じで、アイキャッチ画像のIDをそのまま返すか、IDの有無を返すかが違っている。
なお、以下に示すadd_theme_support関数にてテーマがアイキャッチ画像をサポートしていないと本関数を含めアイキャッチ画像関連関数は未定義となるので、注意が必要である。
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

使用例

  • 現在の投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。
    <?php if ( has_post_thumbnail() ) : ?>
  • IDが10の投稿記事にアイキャッチ画像が指定されているか調べる。
    <?php if ( has_post_thumbnail( 10 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-thumbnail-template.php

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2012-03-10 20:53