has_site_icon

(4.3.0以降)
has_site_icon - サイトアイコンが設定済みか調べる

説明

bool has_site_icon( [ int $blog_id = 0 ] )
サイトアイコンが設定済みか調べる。

パラメータ

  • $blog_id
    マルチサイト時のブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

サイトアイコンが設定されている場合はtrueを、設定されていない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$blog_idは、通常のシングルサイトやマルチサイト時のメインサイトに設定されたサイトアイコンを調べる場合は不要である。

使用例

  • サイトアイコンが設定済みか調べる。
    <?php if ( has_site_icon() ) : ?>
  • ブログIDが2のサイトにサイトアイコンが設定済みか調べる。
    <?php if ( has_site_icon( 2 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2015-08-21 13:22