has_tag

(2.6.0以降)
has_tag - 投稿記事に投稿タグが付属しているか調べる

説明

bool has_tag( [ mixed $tag = '' [ , mixed $post = null ] ] )
投稿記事に投稿タグが付属しているか調べる。

パラメータ

  • $tag
    投稿タグのID、名前、スラッグか、それらの配列を指定(省略時は'')。
  • $post
    投稿IDか投稿情報のオブジェクトを指定(省略時はnull)。

返り値

パラメータ$postで指定された投稿情報にパラメータ$tagで指定された投稿タグが付属している場合はtrue、属していない場合はfalseを返す。

注意

すぐにhas_term関数を呼び出す。

使用例

  • 現在の投稿記事に「新商品」投稿タグが付属しているか調べる。
    <?php if ( has_tag( '新商品' ) ) : ?>
  • 投稿IDが10の投稿記事に「値下げ」「値上げ」投稿タグの何れかが付属しているか調べる。。
    <?php if ( has_tag( array( '値下げ', '値上げ' ), 10 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • has_category - 投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる
  • has_term - 投稿記事にタクソノミーが付属しているか調べる

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

最終更新日時 : 2012-01-17 17:24